サスペンション "セファレキシン":子供のための使用説明、レビュー、子供のための投与量

健康

子供の病気が最も厄介な時期です両親。各子供の生物は個体であり、病気は異なる。ウイルスの急速な突然変異、好ましくない生態学的状態、ストレスバックグラウンドの増加 - これらの要因はすべて免疫に悪影響を及ぼす。結果として、合併症の確率は指数関数的に増加する。この場合、重篤な抗生物質療法を行うことは非常に困難です。治療のための薬剤の有能な選択は、どんな病気にも対処するのに役立ちます。若い患者のための人気のある抗生物質の1つが「セファレキシン」(懸濁液)である。この薬の親のレビューは肯定的です。それはめったに副作用を引き起こさない。

セファレキシン懸濁液

私は子供にTsefalexinを与えることができますか?

この質問は、子供がいる多くの親にとって懸念される感染症の「人質」になった。毎年、小さな患者の数が増えます。副鼻腔炎、耳炎、扁桃炎、咽頭炎はすべて、ほとんどの場合子供を攻撃する感染症です。このような場合、「Tsefalexin」は多くの親の助けになる。

抗菌性の秘密ではない薬は非常に危険で有害です。それにもかかわらず、多くの親は、しばしば、医師が子供に抗生物質を任命することを主張する。なぜ?おそらく、そのような薬物は感染症と戦うために本当に役立つその種の唯一のものです。医師は、患者の状態および薬剤の作用のスペクトルを考慮して、薬剤のみを処方することができる。懸濁液「セファレキシン」は抗菌特性を有する。軽度から中等度の呼吸器疾患の治療において、子供に処方されています。

製剤の説明

「セファレキシン」は、半合成抗生物質群に属する薬剤である。これは7-アミノセファロスポリン酸の誘導体である。

薬は粉末の形で販売される黄色 - オレンジ色。水と併せて、フルーティーな香りの懸濁液が得られる。薬物の主成分はセファレキシン一水和物である。補助成分として、安息香酸ナトリウム、スクロース、黄酸化物、グアーガム、フレーバーなどの物質が挙げられる。

懸濁液の調製のための粉末は、暗いガラスのバイアル中で実現される。この薬を含むキットには、5mlの容量の測定用スプーンがあります。

小児用セファレキシン懸濁液

薬理作用

子供向けの「セファレキシン」(サスペンション)教育殺菌作用の原則を備えた製剤として特徴付けられる。その主な利点は、ペニシリン群の抗菌薬に対する免疫性を有する特定の微生物の安定性の欠如である。この薬剤は、連鎖球菌、大腸菌、ブドウ球菌、プロテウス、サルモネラおよび多数の他の生物に対して有効である。このため、長期の狭心症、気管支炎および気管炎の治療に積極的に使用されています。抗生物質の主な欠点は、脳障害を克服して髄膜に浸透できないことである。これは、様々な病因の脳炎および髄膜炎におけるその使用を完全に排除する。

薬物の吸収率は90%である。 抗生物質は、耐酸性および消化管からの迅速な吸収性が異なる。入院時から1-2時間後に血中のセファレキシン一水和物の濃度が制限される。懸濁液は、肝臓、腎臓、肺および気管支の粘膜上に均一に分布している。尿や胆汁とともに体から排泄されます。

 セファレキシン懸濁液投与量

使用の兆候

この薬の主な用途は、気道の炎症性の病気。特に有効な懸濁液「セファレキシン」は猩紅熱、百日咳およびカタル狭心症の治療に示します。優れた抗生物質はまた、サルモネラ症の治療に示されています。

薬理学的特性を考慮すると、薬物は以下の目的でも使用されます:

  • 殺菌性の皮膚湿疹;
  • 中および内耳の疾患;
  • 膿皮症、潰瘍性皮膚炎;
  • 腎臓および膀胱の炎症性疾患;
  • 局所性肺炎;
  • 関節炎。
    子供のためのセファレキシン中断命令

陽性の治療薬を得るために薬への効果注釈は、いくつかのルールを推奨します。その中で最も重要な点は、アレルギー反応の迅速な検出と薬物に対する過敏症である。このために、皮膚試験が行われる。ごくわずかなアレルギー症状を伴い、使用を中止して医師の診察を受けるべきです。

薬を服用するための第2の重要な条件は、その適用の限られた期間。 15歳未満の青少年は10日以上の休養をとることはできません。この期間中に根底にある病気の症状がなくなった場合は、治療法を変更するために医師の助けを求めることをお勧めします。

禁忌

どんな病気でそれを拒む方が良いですか抗生物質「セファレキシン」(懸濁液)の使用?腎盂腎炎または腸疾患に罹患している小児のための使用説明書は、この薬剤による治療を推奨していません。別の禁忌は、セファロスポリンおよびペニシリン系抗生物質に対する生物の個々の感受性である。極度の注意を払って、6カ月未満の乳児に与えるべきである。

適用方法

"Cefalexin"の使い方(サスペンション)?子供に使用するための説明書は、薬物に添付されています。詳細な注釈のおかげで、すぐに薬を準備することができます。リスクが特別に表示されるまで、沸騰した水をボトルに加えるだけです。その後、ボトルを閉じて徹底的に振ることができます。薬はすぐに使用できます!

サスペンションは2台で使用できます週。調製した溶液のマニュアルは室温で保存することをお勧めします。各使用の前に、バイアルを徹底的に振盪しなければなりません。それは便利必要な投与量を測定するようにするために、あなたは特別なスクープを使用することができます。それは薬で完全に来る。

「セファレキシン」は6回毎に経口投与される時間。このモードは、病原性微生物叢に対する薬剤の成分の最良の効果を保証する。投与量は、疾患の段階および小患者の年齢を考慮して、個別に選択される。両親は治療の2日目に状態を改善する。悪化の段階における慢性疾患の治療のために、家庭での予防方法が規定されている。

子供のためのセファレキシン懸濁教育

「セファレキシン」(懸濁液)の服用方法:小児への投与量

薬は経口的に30分前に服用されます食べ物。投薬量は、子供の体重に基づいて個別に計算されます。体重1キログラム当たり、医師は通常25〜50mgの薬を処方する。 10歳以上の子供 - 6時間ごとに250-500 mg。病気が合併症または重度の症状を伴う場合、投与量を増加させることができる。

治療期間は7-10日です。 尿路の慢性感染症との戦いにおいて、この期間は14日間に延長される。医師の推奨する治療の完全なコースを受けることが重要です。この時間より前に患者の状態が改善していれば、サスペンションを停止することはできません。さもなければ、その病気を引き起こした細菌は完全に死ぬことはできません。生き残っている生物は徐々に抗生物質に対する耐性を獲得する。これは、次回治療がより強力な薬を必要とすることを意味します。

副作用

独立した投与量の増加薬物や過敏症の成分には、消化管の部分に異常があるかもしれません。彼らは下痢と鼓腸の形で現れる。まれなケースでは、小腸が大腸炎と診断されます。この疾患は、全体的な健康、めまい、悪心の悪化を特徴とする。

発疹や蕁麻疹の皮膚に出現する抗生物質を即座に廃止し、それをアナログに置き換える必要があります。急性アレルギー反応の場合、「セファレキシン」の懸濁液は血管浮腫を引き起こす可能性がある。この場合、直ちに医療従事者のチームに連絡し、到着する前に子供に抗ヒスタミン薬(Suprastin、Detralex)を2回投与する必要があります。

セファレキシンサスペンションレビュー

薬のコスト

両親の治療のための抗生物質を選択するとき医師のアドバイスだけでなく、投薬総費用によっても導かれます。この記事に記載されているサスペンションは、200〜250ルーブルの価格で購入することができます。他の半合成抗生物質は、原則として数倍高価です。低コストで高い効率を背景に、「セファレキシン」懸濁液は薬理学的作用において類似した薬物の中で「勝利する」。

薬物類似物質

効果的な抗生物質の選択は必ずしもそうではない最初から取得されます。事実、この病気の原因となった細菌を正確に特定することは非常に困難です。治療後2〜3日で症状が改善しない場合は、「セファレキシン」を交換する必要があります。子供のためのサスペンションは、最も便利な形態の薬であると考えられている。したがって、医師は同様の選択肢を探すために類似体の中で推薦する。

"アモキシシリン" - 最も一般的なアナログ「セファレキシン」。これらの薬剤はいずれも同様の組成を有する。唯一の違いはメーカーです。したがって、どの薬が優れているかを言うことは非常に困難です。彼らはセファロスポリンの同じグループに属し、ほとんど同じように行動する。

抗生物質の他の既知の類縁体の中には、以下が挙げられる:

  • オスペクシン。
  • "ケフレックス"。
  • "Sporidex"
  • Feleksin。
  • "ソレクシン"

医者だけがアナログ療法の選択に対処できることに留意すべきである。

子供用サスペンションレビュー用セファレキシン

子供向けの「セファレキシン」(サスペンション):レビュー

形成された物品に記載されている抗生物質肯定的な意見だけです。親は、その使用が子供の急速な回復に寄与していることに留意する。治療の経過は2週間以内であるが、2〜3日後には最初の治療結果が顕著である。

この薬の重要な利点は、剤形。多くの子供は丸薬やカプセルを服用しません。製薬会社はこの事実を考慮に入れました。サスペンションには心地よい香りがあり、味はとても甘いです。

結論

子供の健康は重要な要素です幸せな人生。赤ちゃんが病気になると、両親はすべての力を素早く回復させます。今日、治療では、ますます抗生物質に頼る必要があります。人気のある薬剤の1つが「セファレキシン」(懸濁液)です。この投薬量および治療レジメンは、医師によって厳密に決定される。あなたが彼のすべての勧告に従うならば、副作用や合併症を恐れることはできません。健康である!