気腫を治すことは可能ですか?病気の原因と症状

健康

肺胞の損傷に関連して、慢性肺疾患は肺気腫と呼ばれる。病理は呼吸の問題を引き起こし、治癒不可能である。

気腫
気腫の原因は何ですか?

この疾患の最も一般的な原因は、喫煙重い喫煙者では、タバコの煙は肺胞の不可逆的な破壊過程を導く。この場合の最善のことは、完全に喫煙をやめることです。そのような措置は、歯槽組織における破壊的プロセスを止めることを可能にし、健康状態が改善される。しかし、喫煙者だけでなく、肺気腫を診断することも可能です。この疾患は、組織破壊から肺を守るために設計された糖タンパク質であるアルファ-1-アンチトリプシンの欠如のために別の理由で発症することがあります。研究により、私たちは、当時、肺気腫の発生における重要な役割は、汚染された空気を含む好ましくない環境要因によって引き起こされると結論づけることができました。加えて、この疾患は、様々な化合物、粉塵、セメントの空中懸濁液によって定期的に吸入することができる。

肺気腫
分類

先天性(原発性)気腫を区別することが可能である開発は、他の肺疾患を背景に行われ、独自に開発した光と、第二、最も一般的に閉塞性気管支炎。病状の程度に局在し、拡散に分割されています。そしてtsentriatsinarnaya(ユニットの構造体の先端部が当たる)(腺房の中央に肺胞驚い)periatsinarnaya(全体腺房によって打ったとき)panatsinarnayaとして肺気腫のこれらのタイプを分泌する、肺の構造単位で腺房の破壊の程度に応じ。

気腫の症状

主な症状は呼吸困難であり、呼吸困難を伴います。最初は、肉体的な運動だけで現れ、やがては進行し、休息状態でも現れる。この症状の強さは、呼吸不全の程度に依存する。息切れとともに、咳があり、その中に疎な粘液痰が割り当てられています。表現された呼吸不全の程度は、顔の腫れ、チアノーゼ、静脈の静脈上で腫脹することによって現れる。病気は、呼吸筋の機能を保証するために多大なエネルギーを費やした結果、体重を減らし始めます。疾患が治療されない場合、心肺系において病態生理学的不可逆変化が生じる。

肺気腫:診断と治療の特徴

気腫の徴候
この病気を特定するために、肺活量測定が行われる。吸入/呼気、血液検査、胸部X線の測定を目的とした研究。すでに述べたように、気腫は治癒できない。支持療法は、症状を緩和するために使用される。これには、肺胞の更なる破壊を防止する薬剤の使用、および理学療法が含まれる。肺の肺気腫が喫煙を引き起こした場合は、直ちに中毒を中止しなければならず、喫煙を続けると死に至ることがあります。この疾病の長期間の寛解は、運動体操によって達成することができる。