子供のための薬 "シネコッド"、薬についてのレビュー

健康

それぞれの親は、彼が病気になったとき子供、痛みを伴う症状を和らげることができるすべての治療法は貴重です。したがって、子どものための薬物「シネコッド」は、より正のレビューであり、幼児の母親から真の関心と関心を引く。

「シネコド」製剤の薬理学的特性および使用の適応

投薬 "シネコッド"は鎮咳薬ですシロップやドロップの形で子供のために作られた治療法。気道の抵抗を減らすのに役立ちます。簡単かつ完全に消化管から吸収。インターネット上のフォーラムで見つけることは容易であるの医学「子どものためのSinekod」、レビューは、それはかなり人気のある薬となっています。それにもかかわらず、唯一の医者の予約後に撮影することができます。この薬は、百日咳、気管支鏡検査、および手術中の術前および術後期間に、様々な起源の急性咳を治療するために使用される。

服薬の形で薬を飲むことができます2ヶ月から3歳以上の年齢で、シロップは3歳から12歳までの子供に処方されています。子供向けの「シネコッド」という薬を購入した親は、さまざまなバリエーションを残しています。いくつかは、その薬が助けにならなかったと不平を言う。薬に含まれる成分に対する感受性が高ければ、薬を飲むことに対する禁忌があります。この調製物は、サッカリンおよびソルビトールの形態の添加物を含有する。したがって、糖尿病の患者に使用することができ、子供による投薬にも問題がある。結局のところ、それは味に甘いです。

薬のレビュー

このツールに関するレビューを分析すると、それについての意見が消費者の間でどのように異なるかを見ることができます。まず、幼児の母親は「シネコッド」の準備が必要な場合に興味があります。結局のところ、この薬は非常に強く、注意深く使用するべきです。それは気管支拡張剤として位置付けられ、痰の液状化および排泄を促進する。消費者は医師に相談し、自己投薬をしないことを勧める。これは正しい決定です!

子供のための薬 "シネコッド"は、咳が発作性であり、乾燥しており、痰がない場合。この種のトラブルでは、このツールは非常に効率的です。子供たちのために "シネコッド"を処方された親は、レビューは次のことを残しています:まず、3歳まで子供にさえ与えられます。これは非常に貴重です。第二に、彼らは実際には、麻薬が実際には咳で治癒しないという事実を考慮に入れることを勧めるが、咳のために咳をする唯一の中心を遮断する。しかし、彼は夜間に乾燥し、咳を消耗します。

薬「シネコッド」を飲むと飲むことはできません彼らの行動が反対であり、身体に救済をもたらさないので(痰を薄め、その排泄を促進する)咳をすることを意味する(逆に合併症の発症につながる可能性がある)。夜間には、「シネコッド」という薬が子どもに与えられるほうがよい。これは、赤ちゃんを治療するのに効果的で、大人のための同様の状況に適用可能な医学的助言です。子供の咳が軽度になり、稀になると、投薬をやめ、必要に応じて去痰薬に切り替える時が来ます。早く病気を取り除くためには、喉と鼻水の治療について忘れないでください。

子供のレビューのための薬 "Sinekod" - シロップは持っていますまたポジティブ(ドロップのような)。咳の迅速な治療に加えて、両親はシロップが滴よりも安いという重要な事実を強調している。乾燥した咳に対してのみ使用され、湿った咳で肺に痰があり、肺炎を引き起こす可能性があります。もちろん、シロップは滴のように、医師の助言を受けて使用しなければなりません。自己投薬は、特に子どもの健康に関連している場合は、それほど重要ではありません。

結論

この分析では、子供向けの「シネコッド」という薬が、レビューは肯定的なものをたくさん集めています。これは、以下の理由によるものです:乾いた夜間の咳から守り、麻薬成分を含まず、2ヶ月齢の幼児の治療に適している強力な薬です。ただし、小児科医に相談することなく、自分の子供に割り当てることはできません。