硝酸カリウムとその応用

健康

硝酸カリウムは、いくつかの名称で知られている: 硝酸カリウムまたは硝酸カリウム。化学式はKNO 3の形をしています。この物質は、様々な産業分野で広く普及しており、化学工業においては特に注目されている。

外観において、硝酸カリウムは白色結晶性粉末であり、時には黄色がかった白色の色相を有する。それはにおいがありません。硝酸カリウムは水によく溶けます。

最初に、化学的性質が発現される硝酸カリウムがかなり強力な酸化剤であるという事実は、他の物質、主に還元剤および可燃性物質と反応する。

アプリケーション

硝酸カリウムは主に化学、電気工学、ラジオおよびエンジニアリング産業、ガラスおよびその他の分野で使用される。それは国家経済で広く使用されており、これは農業分野に関係している。この物質は、卸売業および小売業の両方で見ることができる。

適用範囲は非常に多様であるため、硝酸カリウムはいくつかの種類のものです。製造業者は4つの主要ブランドを生産している。最初のA - はエレクトロバキューム業界向けです。 A1 - 光学ガラス製造。マークBは、スモーキーパウダー、特殊混合物の製造のため、ならびにガラスの変色および結晶の清澄化に使用するための硝酸カリウムを示す。これにより、ガラス製品もより強くなる。

どの産業が使用されているかにかかわらず硝酸カリウムの場合、この物質の基本的性質をすべて考慮しなければならず、ある種の安全規則を遵守しなければならない。硝酸カリウムは強力な酸化剤であるため、可燃性物質の自発的燃焼につながります。身体への影響に応じて、甲虫は第3の危険クラスに割り当てられます。

輸送中も同様の安全注意事項を守ってください。硝酸カリウムは特殊な貨車や他の閉鎖された輸送機でのみ輸送されます。

硝酸カリウムは他の高温または可燃性物質とは別に密閉された安全な場所に保管してください。これらの規則を遵守しなければ、爆発または火災の危険性が高まります。

この化合物が生じるという事実にもかかわらずその性質上、その出現の主な方法は化学反応である。硝石を使用するプロセスでは、それ自体もさまざまな反応に入ります。硝酸カリウムを考慮すると、得られたデータに基づいて塩の加水分解を調べることができる。

硝酸カリウムの適用

様々な場所での普及にもかかわらずほとんどの場合、硝酸カリウムは農業で使用されます。これは植物のためのファーストクラスの肥料です。ソルピペーターは、他のタイプの肥料との反応が乏しい品種を対象としています。これには、多くのベリーやシトラス作物、ブドウ、タバコ、ビートが含まれます。野菜やハウス植物の温室栽培は、硝石を使用して植物を強化する。

ソルトペーターは、植物の根系であり、光合成過程を正常化し、植物組織の構造を改善する。このため、植物は環境の外部影響に対してより耐性になります。

硝酸カリウムは食品に使用されています防腐剤としての産業Е252。この防腐剤が使用される主な製品は、ソーセージ、ハム、オランダのチーズ、ソーセージ、缶詰の肉です。

幅広い需要に関連して、4つのブランドすべての硝酸カリウムの生産が絶えず必要とされており、品質だけが州基準に準拠していなければなりません。