膀胱炎の錠剤:どのように膀胱の炎症を治療する

健康

原則として、膀胱炎は徐々に発症し、ときどきそれが突然発生することがあります。下腹部の不快感などの症状を感じたら、すぐに痛みを伴うと同時に、排尿が急速になるので、膀胱炎で何を飲むべきかを教える医師に相談してください。問題を自分だけにすると、その人は感染症を尿管に伝染させ、より重篤な中毒の症状(高熱、悪寒、衰弱)を特徴とします。

何も使用しない場合膀胱炎の治療法であるが、それだけでは合理的ではないが、逆に炎症性の重篤な腎臓疾患のさらなる発症を引き起こす。膀胱炎は潜行性疾患であり、再発を伴う(免疫系が弱まると、間違いなく「あなたに」刺される)ので、治療は医師の監督下で行うべきです。適切な検査(バクテリオの尿分析)を行った後、医師はその病気の原因(感染症の原因の種類)を確認し、これらの錠剤または他の膀胱炎の錠剤をあなたに書き出します。

適切に適切に選択された薬剤あなたはちょうど1,2日後に症状を取り除くことができます。また、熱い食べ物と酸っぱい食べ物を排除し、豊かな温かい飲酒だけでなく身体的および性的な休息を必要とする控えめな食事からなる支持療法も重要です。

慢性膀胱炎の錠剤

膀胱炎から次の薬剤を服用すると、あなたに役立ちます病気が既に慢性状態になった場合に症状を緩和することができる。フィトリジン、シストン、モノラル、およびシャペルと呼ばれる、再発の期間中の痛みを和らげます。しかし、それらを服用するときには、薬の痛みが短時間だけ抑制されることを理解する必要があります。そして、病気の完全な治癒は不可能であるだけです。抗生物質の受理は、あなたを観察しているすべての禁忌を考慮する医師と合意する必要があります。彼らは所定の計画に従う必要があります。

急性膀胱炎の錠剤

急性の膀胱炎がある場合は、いいえスパのような薬の助けを求める。夜には丸薬だけではなく、午後には2日以内に10日間飲みましょう。いいえshpyに加えて、指示に従って撮影する必要がありますフィトリジンの痛みを緩和します。

それでも非常に効果的なのは、放出され、錠剤の形態で、ろうそくの形で放出されるケトンであろう。一般的に、痛みを和らげるためには、1回のろうそくまたはタブレットを1回使用するだけで十分です。

また、修道院はいいです。指示は、食事の前に2時間3g、同じ時間後に食事の後に取られます。 Manuralはほとんど副作用がなく容易に移植され、妊婦にとっても膀胱炎の治療薬として示すことができます。

さらに、あなたは助けて組み合わせることができます鎮痙薬と鎮痛薬の特性、ならびにノルバクタチン、アバクタール、マクアクイン、およびデジタルを組み合わせた調製物pentalginおよびbaralgin。

膀胱炎の錠剤:植物製剤

そのような疾患の症状を緩和するために膀胱炎、phytopreparationsの助けをすることができます。その中で最も効果的なのは、シストトンであり、薬局で錠剤で販売されています。優れた尿路切除術の植物であり、鎮痙、抗炎症および利尿作用を有するシストトンは、あなた自身で特別な腎臓紅茶を調製する必要がなくなります。原則として、この植物製剤は、医師によって決定された治療の主要な経過に対する補足補助剤として使用される。

良い行動には、漢方薬、例えば膀胱痙攣や痙攣痙攣もあります。