子供に喉を治療するよりも、接近可能な薬剤について少ししか治療しない

健康

寒くて風の強い天候特に学校や幼稚園で病気の子どもの数が増えています。子供がくしゃみをしたり、すぐに別の子どもを拾い上げるなど、チェーンの上ではそうです。これが寒い場合、赤ちゃんは一般的な衰弱と喉の痛みを訴えます。すべての両親は、子供の喉を治療するよりも、彼らの株に「魔法の」救済策を持たなければならない。

まず、1つのルールを理解する必要があります。強い免疫は、免疫が弱い子供よりもずっと少ない頻度で病気になります。喉を痛みのある子供に治療するよりも、その免疫力を強化する方が良いでしょう。免疫システムを強化することは、赤ちゃんの非常に誕生から発生する必要があります、特定の条件を満たすことです:

- 子供の多様な食事、製品はビタミンや他の有用な物質を含む必要があります。

- 子供にドグローゼの煎じ薬を与える。これは免疫に非常に有益な効果をもたらす。

- 子供が裸足で走るように - 靴底に多数の活動点が配置され、全体として人体への有益な効果に影響を及ぼす。海の小石や砂の上を歩くことは特に便利です。

- 食べ物に少しのニンニクを加えて、それはまた、免疫に強化効果を持っています。

子供が喉の痛みを訴え、両親が子供の喉をすばやく治療する方法を知らない場合、いくつかの有益な推奨事項があります:

- ヒマワリ油をとり、海のはちみつ油と混ぜて、赤ちゃんの鼻に浸します。この治療法は、病気の最初の症状で処置を行う場合に特に効果的です。

- 高温の不在下では、赤ちゃんの足に当たる可能性があります。

- 「一握り」のタブレットすぐに赤ちゃんを治す。子どもたちに様々な薬を喉に当てるよりも、しばしば温かいミルクにハチミツを加えてみるのが良いです(少量のソーダを加えることも可能です)。ウイルスのためのアルカリ環境を作成すると、それらはより早く死ぬでしょう。

- ジャガイモを沸かして(皮の中に)、赤ちゃんがジャガイモの蒸気を吸い込ませる。あなたは蒸気ができるだけ効率的に働くように、あなたの口で呼吸する必要があります、タオルで赤ちゃんをカバーする。

子供の喉を治療する方法がわからない場合は、生姜の壮大な性質をメモを取るようにしてください。ジンジャーは、栄養素の豊富なコンテンツの古代から知られていた、それは様々な感染症に対する体の抵抗力を高めることができ、それは喉の痛みを和らげるのに役立ちます。また、生姜の鎮痛剤として働き、去痰、抗嘔吐。家庭では、ショウガは次のように調製することができます:

- お茶の場合は、生姜の根が必要です。ティースプーン半分、ジンジャー半分のティースプーン、クローブの少し(ピンチ)。すべての成分は少量の水で約5分間沸騰し、飲み物を与え、わずかに冷えます。

- 1リットルの沸騰水で1食堂甘草のスプーン(根)、シナモンのティースプーン(粉)、ショウガ(ティースプーン2本)、根を焼く。 10分を要する。 1日中2回飲みましょう。

寒さやウイルス感染の子供をうがいにする方法を考えてみましょう:

- うまくハーブの注入を助ける、それはすることができますカレンダーのチンキ、カモミールブロス、ユーカリ、果実またはラズベリーの葉、エキナセアなどが含まれます。まだうがいことができない小児には、注射器を使用して処置を行う。より効果的に毎時口をすすいでください。

- 痛みを和らげるソーダと塩の溶液粘液の分離を助け、微生物の口腔をきれいにし、腫れを除去する。解決策は簡単に用意されています - 暖かい沸騰した水のガラスのための塩またはソーダの1つまたは2つのティースプーン。

- わずかにピンク色に希釈された過マンガン酸カリウムを使用することができます。

しかし、子供が医者に示されなければならないことを忘れないでください。