アスペン樹皮の医薬特性は何ですか?

健康

長年にわたって、より多くの人々が信頼を停止する伝統的な薬を飲んで、おばあちゃんのレシピに戻ってきました。なぜなら、世代から世代に受け継がれたものではなかったからです。実際にすべての植物が重要な治療特性を有することは驚くべきことであり、それらを正確に適用し、用量を知ることだけが必要である。さらに、植物のほとんどすべての部分は、樹木の根や花、そして樹皮さえ、肯定的な性質を持っています。最後の瞬間に、我々はより詳細に住むべきである。ですから、アスペン樹皮の薬効特性は何かを考えてみましょう。

アスペン樹皮の薬効

歴史のビット

実際、与えられた聖書の話のために木は非常に有名になっています。しかし、一方で、長い間、私たちの先祖には大きな活力が与えられていることが知られていました。特に、これは皮質と腎臓を指しています。

アスペン樹皮の治癒特性

  1. まず第一に、木柳の家族に属しています。以前は、柳の樹皮からアセチルサリチル酸が単離されており、これは鎮痛および抗炎症効果を有していた。実際、この物質を持つ薬物は、ほぼすべての家庭用医薬品キャビネットに存在します。アスペン樹皮の治癒特性はほぼ同じです。従って、サリシンの物質もその組成物中に存在する。従って、アスペンの樹皮からの煎じ薬は、解熱及び抗炎症効果を有すると言える。
  2. アスペン樹皮の性質
    一方、アスペン樹皮の治癒特性抗寄生虫および肝臓保護効果を有するポピュリストの内容のために広く知られている。したがって、肝臓や胆管のさまざまな種類の病気に対して、これらの臓器の仕事を正常化することができ、胆汁機能を有する上記のポピュリストが使用される。
  3. 物質の適用の別の非常に重要な領域populina - 結核の治療。事は、いわゆるコッホの杖(病気の原因物質)がそれに非常に敏感であるため、煎じ薬の形の植物は追加の治療として治療に使用されます。
  4. アスペン皮質の治療特性は、前立腺炎、いくつかの一般的な皮膚疾患(例えば、皮膚炎、湿疹)の治療に適用された。

材料の準備

禁忌薬の樹皮
もちろん、完成品を購入することができますどんな薬局でも、それは準備が容易で、独立しています。春の後半に材料を収集する。体幹に2つの円形の切開部(約10センチメートルの距離)を作って樹皮を取り除く必要があります。収穫直後にブイヨンを調理する方もいれば、オーブンで乾燥させた後の使用のために保存する方が好きな方もいます。実際、この種の手技は単純な住人の能力をほとんど超えているので、既製の治療薬を購入することが推奨されています。アスペンの樹皮、医薬品の性質、その使用に対する禁忌は誰にも知られていないことを覚えておいてください。これは本当に多くの病気と戦う優れた道具です。ただし、事前に専門家に相談する必要があります。