コンズ症候群:原因、症状、および治療

健康

コンズ症候群は非常にまれな疾患であり、これは、副腎でのアルドステロンの過剰産生に関連しています。循環障害、排泄、筋肉や神経系で観察されるホルモンのレベルを上げるの結果。

馬症候群

初めてこの病気は1955年に説明されました。よく知られた医師ながらコネティカットはカリウム血中濃度の持続的な高血圧および減少を伴う未知の病気を探ります。その後、ケースは一度以上の医師によって記載されています。この疾患は、最初の研究者に敬意を表して命名されました - ので、参照して「コーン症候群」セクションが登場しました。

ところで、この病気の積極的な研究は、治療と予防の最適な方法を探しているだけでなく、まだ実施されています。

コニー病とその原因

馬の病気

残念ながら、このような病気を常に決定することはできません。それにもかかわらず、多くの場合、副腎の侵害は、これらの器官の糸球体ゾーンの腺腫と関連している。原則として、これらの形成は良性であり、したがって治療がより容易である。シンドロームは若い人、特に女性の間で診断されることが多いことは注目に値する。

腫瘍の形成および増殖には、アルドステロン合成の増加。このような障害は、生物全体の状態に影響を及ぼす。第1に、ミネラル代謝が妨げられ、腎尿細管中のナトリウムの吸収が増加し、同時にカリウムが排泄される。体内のカリウム量を減らすと、腎臓や循環器系の状態が悪影響を受けます。

コンズ症候群:病気の症状

今日まで、医師は、腎臓、循環器系および筋肉系によって明らかにされる3つの主要な症状の群を同定している。

この疾患の最も明白な兆候は、高血圧の通常の手段に対処することができない増加した圧力。圧力の持続的な上昇は、多くの付随する問題を引き起こす。患者は、めまいや頭痛、脱力感、吐き気や嘔吐を訴えます。時にはそれはテタニー攻撃をnablyudaetsyaまたは弛緩性麻痺を開発することができます。心の痛み、通常の喘息発作、少しでも身体運動と息切れもあります。最も深刻なケースでは、冠状動脈または心室不全を開発しています。時には、左心室の肥大が進行することがある。

コン症候群

圧力の上昇は、視覚アナライザの状態にも影響を与える - 眼底の変化、視神経の浮腫が観察され、視力が低下する(完全な失明まで)。

Connes症候群は、原則として排泄された尿の1日量の増加を伴います - 時にはこの数字は10リットルです。

コーン症候群:診断と治療

健康状態にこのような問題がある場合すぐに医師の診察を受けてください。病気の診断は長い過程です。通常、患者は尿検査と血液検査に合格する必要があります。医師はまた、血液中のカリウムおよびアルドステロンのレベルをチェックし、診断およびコンピュータ断層撮影に使用される。

今日まで、治療する唯一の方法は外科的介入である。手術中に、良性腫瘍または副腎皮質の一部が除去される。

いずれにせよ、手術後、患者は注意深く食事を監視し、健康な生活習慣を守り定期的に予防検査を受けるべきである。