アンギナ梅毒:症状と治療

健康

アンギナ梅毒は、2次性梅毒であり、口腔咽頭の器官における炎症過程の組合せである。ほとんどの場合、扁桃腺に罹患する。梅毒性狭心症、徴候および疾患の種類、治療および予防の可能な方法について、さらに詳細に検討してください。

梅毒性咽喉炎の種類

病気には3つのタイプがあります:

  1. 梅毒性咽頭痛。 それは扁桃腺の舌、喉および粘膜に丘疹の出現を伴う。
  2. 梅毒性膿疱性潰瘍性咽頭炎。 病気の過程で、膿疱が咽頭の粘膜上に形成される。その後、それらの潰瘍が生じる。
  3. 梅毒性紅斑性腸炎。 このタイプの疾患は、粘膜浮腫および総充血を伴う。

咽頭痛の原因

既に述べたように、梅毒性咽頭は二次性梅毒の一部である。したがって、何が感染の方法かもしれないかを理解するために多くの努力をしないでください。

梅毒性咽喉

まず、梅毒は性的に、また血液との接触を通じて伝達されます。感染症は患者の個人的な持ち物を使用して発生することがあります。

第二に、病気の原因は、免疫を低下させた。科学者は非常に興味深い結果を示した研究を行った。それはおそらく、接触のいずれの形態で梅毒に感染していない強力な免疫システムを持つ人々が、約25%であることが判明しました。

統計上示されているように、梅毒性咽喉は口腔セックス後に最も頻繁に発生します。

梅毒性咽喉炎:症状

この病気はどのようにして現れますか? 当初、患者は梅毒性扁桃炎を抱えていると推測されません。この病気の潜伏期間は最大1ヶ月であり、この期間の後でなければ扁桃腺の紅斑が始まり、サイズがわずかに増加する。これまで病理は普通の寒さとみなすことができます。

梅毒性咽喉症候群

感染は、扁桃腺の一つに、口腔性交によって発生した場合は炎症プロセスの効果を観察し始めながら、syphilophymaを発生します。

さらに、リンパの大きさ罹患した側からの結び目。この段階で、この病気の症状が最も顕著で触診可能である。約1ヶ月間持続した前の期間に、患者は喉のわずかな低血圧によってのみ悩まされていた可能性があり、今や梅毒性咽喉炎が勢いを増し始めている。喉には強い痛みがあり、嚥下中だけでなく安静時にも、扁桃腺には小さな潰瘍があり、体温が上昇します。

現時点では、麻酔薬の咽喉が多くの合併症を引き起こし、生物全体の多くの病気を引き起こす可能性があるため、必要な治療を診断し処方するためのポリクリン。

咽頭痛の診断

まず、医者は患者を診察する。 経験豊富な専門家が青みを帯びた粘膜に注意を払う。さらに、扁桃の潰瘍やその他の変化の出現に気付かないことは不可能です。

梅毒性紅斑性腸炎

さらに、いくつかの研究室ウイルスの原因となる薬剤を特定し、最終的な診断を確定するための研究。これには、扁桃の表面からの塗抹標本およびリンパ節からの穿刺の分析が含まれる。さらに、Wassermanの反応は必須です。

咽頭痛の治療

狭心症などの病気を取り除く方法梅毒?治療は複雑な治療を提供する。それには、梅毒自体の排除とそれに伴う合併症が含まれます。

梅毒性アンギナ潜伏期

抗生物質を処方する必要がありますアクションのための2つの異なるグループ(「ペニシリン」、「オーグメンチン」、「アモキシクラブ」と「クラリスロマイシン」または「アジスロマイシン」)。彼らの助けを借りての治療は1ヶ月であり、特別な適応症の場合、回復の瞬間まで延長することができます。しかし、長期間の治療中には、追加の抗真菌薬、例えば、「ナイスタチン」または「フルコナゾール」を服用することが推奨される。

狭心症のような現象を取り除くには梅毒、消毒液で喉をすすぐ。この点で最も強力な薬剤は「クロルヘキシジン」と「ミラミスチン」です。炎症過程の経過の性質に応じて、うがい薬は1日5回すすぎ洗いする必要があります。狭心症の症状の排除と同時に、局所免疫の刺激が起こり、粘膜の急速な治癒を促進し、瘢痕の出現を防止する。

上記の喉のすすぎ用溶液にソーダ、ヨード、タイム、カモミール、ユーカリなどを加えることもできます。さらに、薬用植物による吸入も可能である。

他の不快な症状を取り除くため痛みの症状を排除し、温度を下げるために非ステロイド系抗炎症薬を服用する必要があります。合併症の場合、対症療法が行われる。

病気の予防

どのように喉の梅毒のようなトラブルから身を守るために?

梅毒性狭心症徴候

いくつかの簡単な予防措置があります:

  • 個人的な親密な衛生の規則への遵守。
  • カジュアルな性行為やコンドームの使用を拒否する。
  • 馴染みのないパートナーとセックスするのはコンドームだけです。
  • 疑わしい場合には、venereologistでの検査の通過。

自分を世話して、うまくいきましょう!