薬 "Etamsilat"(錠剤)。使用方法

健康

適用時の薬物「Etamsilat」(丸剤)の指示は、止血薬を指す。アナログは、 "Ditsinon"、 "Impedil"、 "Cyclonamin"などの医薬品です。

タブレット "Etamsilat"。使用の兆候

この薬剤は、糖尿病性血管障害(血糖値の上昇の背景)に対する毛細血管出血(小較正血管からの)を止め、予防するために処方されている。

"Etamsilat"(タブレット)外科的介入(扁桃切除(扁桃の除去)、耳の手術など)のために耳鼻咽喉科で推奨されています。

薬は眼科で処方されています角膜形成(角膜の一部の外科的置換)、白内障の除去。抗緑内障手術およびその他の微妙な介入に薬剤を使用する。

「Etamsilat」(錠剤)は、(嚢胞、歯の除去などの)歯科治療、泌尿器科(前立腺手術後)の使用を推奨しています。

この薬剤は、特に過剰な血液供給(血管新生)組織を妨害する場合に、外科手術および婦人科手術において広く使用されている。

腸や肺での出血、出血性素因(出血)の状態で緊急事態に投薬を割り当てます。

"Etamsilat"は増加するのに役立ちます大きな分子量を有する血管の壁にムコ多糖が形成される。この薬剤は、毛細管の抵抗性を高め、病理学的プロセスの背景に対してその透過性を安定させる。その結果、微小循環が改善される(小較正血管における血液循環)。

準備 "Etamsilat"(タブレット)(そのようなデータを含む)は、止血(止血)効果を有する。この性質は、トロンボプラスチンの形成を活性化する薬物の能力によるものである。さらに、この薬剤は3つの凝固因子の形成を刺激し、血小板の接着(接着)に対して正常化作用を有する。

凝固時間(プロトロンビン期間)に対する薬剤の効果は確立されていない。この薬剤は凝固能が高くなく、血栓の形成を引き起こさない。

製剤「Etamsilat」(タブレット)に添付手術の3時間前に患者に2〜3個のピース​​を与えるために、出血予防のための勧告がなされている。摂取の代わりに、筋肉または静脈への注射は、1〜2アンプル(2または4ミリリットル)の用量で手術の1時間前に許可されます。

摂取のための薬物の最大有効性は3時間後に観察され、1時間または2時間後に静脈内投与される。行動の持続時間は約4〜6時間です。

出血を止めるために、1つまたは2つのアンプルを筋肉または静脈に直ちに注入し、次いでアンプルまたは2つの錠剤で4または6時間ごとに投与する。

子宮出血をなくすため薬物「Etamsilat」の推奨用量は、経口的に0.5ミリグラム、または0.25時間であり、6時間ごとに消化器系をバイパスする(非経口的に)。患者は0.25 mgの出血の期間中に経口1日4回または1日2回、非経口、最後の2回の薬物に転写された後10日間、 - このスキームは、5に適用されます。

「Etamsilat」という薬は、子どもの支えの期間中に使用することが認められています。この場合の医薬品の使用の便宜性は、専門家によってのみ決定されます。

投薬を受けるとき、頭痛、胸やけ、わずかなめまい、重篤な腹部の感覚、血圧(収縮期)の低下、顔の充血などがあります。

投薬 "Etamsilat"を使用する前に、医師に相談する必要があります。