アフルートン医学:使用とレビューのための指示

健康

組み合わせた軟骨保護剤のカテゴリーと軟骨の代謝を調節する薬剤はAflutonです。このレビューでは、薬物の高い有効性が確認され、損傷した関節の状態を緩和し、運動の回数を増加させる。

構成とアナログ

aflutonユーザーズマニュアル

Aflutonを意味する(使用説明書示している)は、小さな海洋魚、黒海水たまり、白鯨、アンチョビから作られた生物活性濃縮物である。活性成分には、ケラタン硫酸、ポリペプチド、ヒアルロン酸、ムコ多糖、コンドロイチン硫酸、アミノ酸が含まれる。薬物の組成には、カリウム、ナトリウム、亜鉛、マグネシウム、銅、マクロおよびマイクロエレメントのイオンが含まれる。注射用溶液の形で製造されています。構造類似体は存在しない。骨および軟骨組織の代謝を矯正する同様の薬物は、「カルシトニン」、「オステオチン」、「アルトリン」、「ゾメタ」、「ルマロン」などの薬剤である。

薬理学的性質

薬物Aflutonは、抗炎症および麻酔の特性。軟骨保護作用は、細胞間のマトリックスを破壊する酵素の活性を低下させることである。薬物の通常の使用により、滑液の質が改善される。これは、ヒアルロニダーゼの活性の低下およびヒアルロン酸の増殖の促進によるものである。

アフルトン
薬は構造を分解することを許さない関節軟骨は、栄養を上げ、修復プロセスを加速する。この薬剤は、胃腸病理におけるプロスタグランジンの合成を回復し、消化性潰瘍治療中の潰瘍性およびびらん性の欠損の上皮化時間を減少させる。さらに、光線追跡器を使用することにより、キャピラリーの圧縮が促進され、その透過性が低下する。

使用の兆候

アフルートン薬の使用説明書退行性およびジストロフィー性の関節損傷の治療のための予定を推奨している。四肢関節の変形性関節症、パロドン症、線維筋痛、共凝塊症、膝関節症、脊椎症、関節手術後の回復のために使用されます。

アフルートン投薬:使用説明書

骨軟骨症および多発性骨関節症では、筋肉内注射。 1日量は1 mlです。治療の経過には20回の注射が含まれる。 3ヵ月後、治療法を再穿孔する必要があります。関節損傷で、溶液を1〜2mlの骨に注入する。手順の間に3日間の休憩が観察される。合計で、各関節に6回の注射が行われる。 6ヵ月後、治療を繰り返す。

アフリカのレビュー

Afluton投薬の禁忌および副作用

使用説明書は、使用を禁止しています。妊娠のための薬、授乳中の母親、小児期および青年期における、ならびに組成物の不寛容。身体と薬物の反応が否定的であることは、注射部位での痛み症候群、刺激、発赤、かゆみの短期的な増加に起因する可能性がある。