アンギナは無傷ではありますか?どうやって自分を守ることができますか

健康

喉の痛みです

ほとんどの場合、春に狭心症に苦しみ始めます秋の期間。私たちは常に病気の人との接触を避けることはできません。その後、咽喉が伝染性であるかどうかという疑問が多くの人々に起こります。感染の際に知っておくべきことは何ですか?狭心症は、連鎖球菌(streptococcus)、ブドウ球菌(staphylococcus)および肺炎球菌(pneumococcus)などの一般的な微生物によって引き起こされる。この病気は扁桃炎の1つのタイプです。感染の伝達には2つの方法があります。汚れた食器を使用したり、洗われていない食べ物を使用しているときに感染が起こることがあります。

ほとんどの場合、細菌の供給源は、咽頭や口の腔に直接身体の中にいて、すでに炎症を起こしている扁桃腺、虫歯や鼻や副鼻腔の化膿性疾患がある。喉の痛みが伝染しているかどうかを調べるには、感染の原因を理解する必要があります。それはすでに感染した病気の人と(少なくとも頻繁に)キャリアに直接移すことができます。

インキュベーション期間と予防措置

咽喉の潜伏期間

病気の初期段階は、咽喉の潜伏期間。これは既知であり、考慮されるべき非常に重要なニュアンスです。狭心症は伝染性であるので、完全な回復まで患者を孤立させなければならず、適切な治療をして5〜7日しかできない。潜伏期間は数時間から2日間の範囲である。他のすべての家族の汚染を避けるために、患者は定期的に湿式洗浄し、室内で換気する必要があります。ここでは、子どもや高齢者を受け入れないようにするべきです。狭心症の病気の器具は、個人的な使用のためだけでなければなりません。このような簡単な予防措置は、忘れないように非常に重要であり、咽喉が伝染性であるかどうかを自分で確認する必要はありません。結局のところ、数時間で病気になり、症状を「得る」ことができます。

狭心症は伝染性である

症状

3つのタイプの病気の初期の期間を区別する。 臨床画像の最初の兆候の外観から完全な発展まで、1日以上かかることはありません。場合によっては、発熱や悪寒、熱感、一般的な衰弱、背中や関節の痛み、頭痛などのすべての共通の症状が最初に起こることがあります。 6〜12時間または最大限に1日後、口腔咽頭の炎症性変化が加わり、嚥下時の急性痛が伴う。まれに、症状は逆の順序で現れ始めます。

疾患の観察された兆候の1つは、最初の段階は寒さです。特徴的に、それは15分から1時間まで続き、そしてすぐに熱の気持ちに近づきます。あなたが他のすべての症状をもっと詳しく見ると、それらの症状も最初は軽度です。例えば、頭痛は鈍く、具体的なローカリゼーションはありません。喉の不快な感覚、あなたはまたすぐに感じることはありません。徐々に痛みは激化し始め、2-3日目には、特に嚥下時には鋭く強くなります。感染の症状がどのように現れているかを知っていると、あなたが病気であるかどうかを知ることができ、時間通りに治療を始めることができます。また、喉の痛みが伝染していて、どの潜伏期間が観察されるべきかを知ることで、愛する人をそのような潜行感染から救うことができます。