薬物「シトフラビン」:それらが使用される類似体および疾患

健康

ここ数十年で、脳に影響を及ぼし、その活動に違反する疾患は、より緊急になってきています。脳卒中、虚血性脳傷害、アテローム性動脈硬化症などの病気は30歳未満の人に顕著に「若い」傾向にあります。この薬はそのような病気を克服するのに役立ちます

使用のためのシトフラビン徴候
「シトフラビン」。彼は多くの製薬企業によって生産されていますが、その適用の便宜性に関する問題は、医療専門家によってのみ解決されるべきです。

それは何で構成されていますか?

薬物「Cytoflavin」は、体内の代謝過程の正常化を促進する複雑な代謝薬です。主な活性物質は次のとおりです。

  • グループBのビタミン:

- ニコチンアミド;

- リボフラビン;

  • リボキシン;
  • コハク酸。

これらの物質の複雑な作用により、この薬物は抗酸化物質として作用するだけでなく、細胞再生のプロセスを活性化する。

実行される行為

薬「Cytoflavin」は以下を促進します:

- 血流の状態を改善し、酸素および栄養素を含む心臓組織および脳の供給を回復させる;

- 知的財産の復旧と増加;

- フリーラジカルを破壊する抗酸化酵素の活性化。

- 細胞栄養とエネルギー交換の刺激。

- 神経系の活動の調節;

- 不安と抑うつのレベルを下げる。

- 反射活動障害の緩和;

- 妊娠中の胎児の酸素欠乏および胎盤栄養の正常化の除去;

- 組織壊死の影響を受けた病巣の局在化。

それはいつ適用されますか?

「Cytoflavin」という薬の使用は通常以下の通りです:

種々の病因の慢性形態の脳症の治療。

2.ストロークの最初の援助とさらなる治療。

3.以下のような疾患の治療:

  • 脳動脈硬化症;
  • 無症候性症候群;
  • 脳の虚血性損傷;
  • 脳循環の障害。

4.患者が麻酔から撤退するのを助ける。

同様の治療効果を有する類似体
サイトフラビン類似体

製造元の声明によると"Cytoflavin"、そのアナログはまだ作成されていません。しかしながら、効果と同様の効果を有する薬剤を単離することは可能である。禁忌または個々の成分に対する個々の不耐性のために、「Cytoflavin」錠剤を使用することができない場合、アレルゲンを含有しない類似体は主治医が処方することができる。

脳性アテローム性動脈硬化症の治療のための類似体

脳性アテローム性動脈硬化症形成されたアテローム性動脈硬化プラークの周囲の結合組織の成長、ならびにカルシウム塩の壁面上への沈着物に現れる、脳の動脈の膜における破壊的変化が存在する。この病気の治療のためには、薬物 "Cytoflavin"が処方されています。類似体、この薬物に類似した使用の適応症:

  • "Aminalon";
  • Vinpoton;
  • ビンポセチン;
  • "Dimephosphone";
  • キャビントン;
  • メキシドール;
  • "Nootropil";
  • トレントラル;
  • オマロン;
  • Eifitol;
  • 「パンゴガム」など。

脳卒中薬

錠剤のサイトフラビン類似体

急性の違反は脳卒中で起こる。血液の循環と、それぞれ、脳の力。発生のために、虚血性脳卒中は、血管を閉塞する血餅またはアテローム性動脈硬化性プラークおよび動脈の破裂および脳組織内の出血に起因する出血性プラークにより病変が生じる場合に区別される。薬物「Cytoflavin」を処方することはかなり一般的であり、その類似体も同様の効果を有する:

  • Actovegin;
  • カルニチン;
  • Mydocalm;
  • Mildronat;
  • "シンナリジン";
  • Fezam;
  • セレブロリシン;
  • "Nootropil"

様々な脳症の薬物類似体

脳症による現代医学は理解する炎症過程に関連しない有機的な脳損傷。このような疾患の発症の理由は、酸素飢餓と

使用のためのシトフラビン類似体の適応症
脳の循環障害。そのような違反については、薬物類似体「Cytoflavin」を処方する。

  • ビンポセチン;
  • カルニチン;
  • コルテキン;
  • メキシドール;
  • "ペントキシフィリン"。


結論の代わりに

薬物「チトフラビン」が利用可能錠剤の形態及び注射用溶液の形態の両方で使用することができる。薬剤の選択は、同様の薬で置き換える可能性の問題と同様、主治医のみが行うべきである。そのような場合の自己治療は非常に危険です!