薬物「ミソプロストール」。使用方法

健康

錠剤「ミソプロストール」 - 胃保護作用。この薬剤は、重炭酸塩および保護性粘液の産生を増加させ、血流の粘膜を強化するのに役立つ。 「ミソプロストール」製剤(そのようなデータが含まれている)は、胃または十二指腸の潰瘍、びらんの治癒過程を促進し、場合によってはその形成を妨げる。この薬剤は、胃の親細胞に影響を及ぼす。投与後30分後に薬物の活性が示される。行動の持続時間は3〜6時間です。この薬剤は、平滑筋の子宮筋層を縮小し、子宮頚部を広げるのに役立ちます。経口投与の背景に対して、迅速かつ完全な吸収が観察される。食事は吸収を低下させる。この薬剤は、肝臓およびGIT壁で代謝される。

ミソプロストルのレビュー

薬「ミソプロストール」。指示。任命

治療の推奨救済策十二指腸および胃の消化性潰瘍疾患の予防、NSAID投与に基づく潰瘍性胃腸病変。薬物「ミフェプリストン」と組み合わせて、早期(42日まで)に妊娠終了のために処方されます。胃潰瘍、びらん性胃十二指腸炎の悪化には、薬物「ミソプロストール」(この指示書にはこれを示す)が推奨される。

ピルミソプロストール

禁忌

薬を処方しないでください妊娠中の胃保護剤。 「ミソプロストール」の禁忌には、18歳までの年齢、摂食期間、過敏症が含まれます。妊娠中断の予定時には、貧血、ホルモン依存性腫瘍、動脈性高血圧症、心臓血管系の病態では推奨されません。子宮内螺旋(治療の開始前にらせんが除去されている)を使用するとき、肝臓または腎臓病、気管支喘息のための投薬を処方しないでください。禁忌には、内分泌病理(副腎機能障害、糖尿病)、緑内障、子宮外妊娠の疑いが含まれる。胃保護剤として処方されるときの注意は、腸内の炎症および下痢を素因とする他の状態で観察されるべきである。用量の補正は、脱水、てんかん、造血、IHDの確率で必要である。

ミソプロスト命令

薬物「ミソプロストール」。使用方法

胃保護剤として、医薬品食事中に処方される。 NSAID-胃炎の予防のために、400〜800μg/日の用量の薬物が推奨される。資金の額は2〜4回の入学に分かれています。 NSAIDと同時に薬物を飲み、NSAID治療の過程で引き続き使用することが推奨される。消化性潰瘍およびびらん性胃十二指腸炎の治療において、800μg/日が2回または4回の投与で与えられる。治療期間は少なくとも1ヶ月です。中絶の場合、600mgのミフェプリストンを服用してから36〜48時間後に、400μgの薬物を投与する。