ドラッグ "デュアファロン"副作用はありますか?

健康

ホルモンと酵素制御人体。女性の体のホルモンはプロゲステロンのこの規則の例外ではありません。しかし、私たちの日には、すべての女性が正常なホルモンの背景を持っているわけではありません。多くの場合、自然なプロゲステロンが不足している状況があります。しかし、現代医学はこの状況に対処することを学んできました。この問題を解決するために、女性はプロゲステロンを含む処方箋を処方されている。それらの1つは、薬 "Dyufaston"です。

しかし、薬を服用する前に、それを読むことをお勧めします。だから、もし薬物 "デュアファロン"が副作用を持っているかどうかを見てみましょう?天然プロゲステロンの合成類似体として、この薬物は患者の分泌子宮内膜を形成するために使用される。ほとんどの場合、エストロゲンを含む医薬品を服用した後に処方されます。この場合、女性の排卵は持続する、つまり彼女の抑圧は起こらない。

この薬剤の活性物質は、ジドロゲステロン。体内の丸剤を服用してから既に2時間後に、この成分の最大濃度が血液に記録されます。代謝を肝臓の細胞に伝えると、尿と一緒に女性の体から代謝物の形で抽出されます。薬物の完全な排泄は、最後の受容から3日後に観察される。

準備が整っているものを分解する前に"Dufaston"副作用は、それが任命されたどのような条件の下で見つけることができます。上記から明らかなように、薬物を服用する主な目的は、女性の体をプロゲステロンの欠乏症に置き換えることである。このような状況は、通常の妊娠終了時に発生する可能性があります。その原因は黄体不全である。子宮内膜症、無月経、月経困難症、不規則な月経周期;機能不全の子宮出血を伴う。

デュアファストン薬は禁忌薬を持っていますか? ホルモン剤としての使用には限界があります。したがって、悪性腫瘍性疾患、肝臓の重大な違反についてそれを処方することは不可能である。さらに、Rotor、Dubin-Johnson症候群、個々の過敏症の症候群において禁忌である。妊娠時には、流産の可能性がある場合にのみ受け入れる必要があります。

薬物のための "Dufaston"側処置がレンダリングされなかった場合、婦人科検査を含む治療開始前に複雑な検査を受ける必要がある。さらに、定期的なマンモグラムを実施する必要があります。注意して心血管疾患、てんかん、片頭痛、障害導出機能、糖尿病の薬を処方。

Dufastonを服用するとき、副作用まれです。しかし、吐き気や下痢が起こることはほとんどありません。まれに多量の子宮出血があります。薬物の投与量を増やすことによって、これらの望ましくない効果をすべて抑制することができる。孤立した症例では、溶血性貧血、片頭痛または片頭痛様頭痛、末梢浮腫およびいくつかの肝機能障害が認められる。しかし、これらの州は非常にまれです。

"Dufaston"を受け取ることの遅れは、通常、ケースが表示されます。対照的に、女性の月経が遅れている場合は、朝と夕方にこの錠剤を1錠服用することができます。この場合、およそ2日目に、おそらく、開始されます。しかし、遅延の原因が明らかになる婦人科医の検査後にのみ、投薬を受けなければならない。上記条件の理由が女性の体内に天然プロゲステロンがない場合には、「Dyufaston」という薬が適切です。