小児における単核球症:疾患の症状および治療

健康

単核球症は、この疾患の変種の1つである免疫系。病気はウイルス性であり、接触によって伝染する。それは小児期および青年期に最も頻繁に起こり、それゆえに「学生熱」という名前をまだ持っています。どのように早期に病気を検出し、時間の子供の単核球症の治療を開始するので、病気が望ましくない結果につながることはありません?典型的な症状と治療の一般的な推奨について話しましょう。

小児における単核球症:疾患の症状

赤ちゃんの症状における単核球症

これはかなり深刻な病気です。これは説明が簡単です。特別なテストに合格した場合にのみ識別できます。したがって、病気は典型的なインフルエンザと非常によく似ています。症状は同じです - 頭痛、食欲不振、発熱、喉の痛み。それはまだ違いがあるので、赤ちゃんの状態を注意深く監視する必要があります。この疾患の主な症状は、特に顎の下でリンパ節の増加と呼ぶことができる。単核球症の最も深刻な徴候は、脾臓および肝臓の増加である。子供は、鼻咽頭のアデノイド組織の腫脹の結果である夜間にいびきを始めることができます。現在の専門家は、一次検査ですでに正確な診断を行い、疑わしい場合には、いくつかの検査を引き渡すように助言する。これは、正確な診断を行い、適切な治療を処方するのに役立ちます。

病気はどうやって起こるのですか?

免疫系の病気

病気はすぐには伝わらない。一般に、インキュベーション期間は約50日間続きますが、場合によってはそれよりも少なくなりますが、これは患者の免疫に依存します。しかし、耳炎、肺炎または扁桃炎は、この疾患の残存効果であり得る。子供の単核球症には独自の特徴があります。回復しても、赤ちゃんは衰弱と倦怠感を長時間感じることができます。したがって、彼は病気の1年以内にすべての種類の予防接種を完全に禁じました。

そしてこの陰気な病気を治すよりも?

症状が類似している小児における単核球症風邪の徴候は、特別な治療を必要としません。以下の推奨事項を遵守する必要があります。寝たきりと食事療法を遵守し、ビタミン製剤と、必要に応じて解熱薬を服用します。

小児における単核球症の治療
すなわち、子供における単核球症の治療 - 正確には、ARVIやインフルエンザと同じです。患者の部屋を換気し、毎日濡れた掃除をすることを忘れないでください。しかし、これらは一般的な推奨事項です。自己投薬は必要ありません。さらに、急性単核球症が発症することがあり、その症状は緊急の医療介入を処方する。その後、抗生物質や抗ウイルス薬が処方されます。しかし、再び医師だけが治療計画を定義できることを思い起こさせます。

医師が単核球症を判定した場合寒さに似た症状を示し、同様の治療が必要な子供の場合は、どの場合でもウォーミングアップすることは不可能です。だから、マスタードプラスター、フットバスと吸入!これは、患者の状態を悪化させる可能性があります。

したがって、子供の単核球症、あなたが今知っている症状 - 病気はそれほどひどいことではなく、時間通りに正確な診断が行われ、タイムリーな治療が開始されます。