エージェント "Betamethasone"。使用方法

健康

ベタメタゾンのレビュー

薬「ベタメタゾン」、薬の類似体(例えば、「Diprospan」)は、局所的及び全身的使用のためのグルココルチコステロイドのカテゴリーに属する。医薬品は抗鎮痒作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、グルココルチコイド作用を有する。薬剤「ベタメタゾン」(使用説明書はこの情報を含む)は、細胞の細胞質において特異的な受容体と相互作用することができる。形成された複合体は、細胞核に浸透し、DNAと相互作用し、mRNAの合成を活性化する。この薬物は、炎症の異なる段階に影響を及ぼす。細胞膜の安定化のために、リソソーム酵素の濃度は減少し、その収率は妨げられる。この薬剤は、微小循環を改善し、血管透過性を低下させ、毛細血管における血管収縮を誘発し、液体の浸出を減少させることができる。アレルギーのメディエータにおける合成および産生を減少させることにより、抗アレルギー効果が現れる。薬剤「ベタメタゾン」(医者のレビューでこれを確認)は、とりわけ抗毒素、抗ショック効果を有し、免疫抑制効果を有する。

適応症

この薬は、背景には、傷害、業務、心原性、毒性、アナフィラキシー、輸血の種類を燃やします。適応症によってアナフィラキシー及びアレルギー反応(急性および重度の流れ)(腫瘍および外傷に基づいて)脳浮腫、気管支喘息が挙げられます。結合組織、赤、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、甲状腺中毒危機、急性副腎不全のタイプ、肝性昏睡、急性肝炎で全身の病態にお勧めの医薬品「ベタメタゾン」ユーザアプリケーション。

ベタメタゾンの使用説明書
薬剤は焼灼のために処方されている(炎症や瘢痕を予防するため)。関節リウマチ、変形性関節症、強直性脊椎炎、ライター病における関節内に投与されます。結合組織における全身病状で推奨経口(錠剤)薬物「ベタメタゾン」ユーザアプリケーション、動脈周囲結節性多発動脈炎、関節の急性炎症性病状、アレルギー性鼻炎、血管性浮腫、接触性皮膚炎、アレルギー性症状mediikamentovおよび他の状態を受信した場合。

禁忌

ベタメタゾン類似体

エージェント「Betamethasone」(使用説明書)これを警告する)は過敏症にはお勧めできません。必要であれば、短期間の生活兆候の耐容措置は唯一の禁忌である。経口および非経口の投薬は、ヘルペス病変、全身性真菌症、結核、免疫不全状態、消化管病変に対しては規定されていない。禁忌には、うっ血性心不全、急性の精神病が含まれる。関節内薬物は、関節の不安定性、病的出血、関節内感染の場合には禁忌である。おむつの発疹などのために、結核、梅毒皮膚病変、ワクチン接種後の反応、1歳未満の子供の発疹などの外用薬は処方されていません。