小児のアデノイドの除去

健康

一定した鼻の鬱血、主な呼吸あなたの子供が咽頭扁桃、すなわちアデノイドの肥大を持っていることの確かな兆しです。多くの親はこの幼児期の問題に直面しており、多くの人々はそれについて心配しています。

アデノイドは健康に最も影響しません子供。小児のアデノイドの検出は、1〜15歳の間で固定されている。ご覧のとおり、年齢層はかなり大きいです。したがって、両親はこの病理に関する情報を持っていなければならず、子どもに発生した場合には正しい判断を下すべきです。

アデノイドは扁桃腺であり、鼻咽頭の深部では、自分自身ができないと考えている。これは、ENTの医師が特別な鏡で行うのが最適です。当初、すべての小児にアデノイドが存在し、その最大サイズは通常3歳から7歳までに達しています。病気の間、彼らはサイズが大きくなり、その保護機能を果たします。子供が病気に罹っている場合は、サイズを縮小し、炎症を起こして拡大する時間がありません。その結果、プロテクターからの大型の膿胸の扁桃腺は感染の永続的な焦点になります。

アデノイドの上記の徴候に加えて、頻繁なカタル性疾患、頻繁な耳炎、腸のdysbiosis、アレルギーは、次のことができます。

子供の姿に注意してください。しばしば口が子供に開かれ、唇は乾燥し、顔は薄くて腫れている。話すとき、子供は息を吐きます。

子供の行動では、彼はすぐに疲れて、頭痛の不満は、十分な睡眠を取得していないことが顕著です。

子供のアデノイドの治療法は?

保守的に扱われたのは、第1度のアデノイドだけであり、II度およびIII度は手術を示す。

第1学位のアデノイドの治療には、紫外線照射、鼻を交互にティーツリーオイルとトゥイ、protargola、オーク樹皮の注入にブレース手段(免疫賦活剤、ホメオパシー、ビタミン)、気候療法(少なくとも3週間の海の除去)、点眼の目的。

子供のアデノイドの除去はいつですか?

治療が行われた場合、治療は3回具体的な結果は得られなかった。子供は3年後にこの操作を行います。前にこの操作を行うと、再発の確率が高くなります(特に小児 - アレルギー患者の場合)、アデノイドは再び成長する可能性があります。

私は手術の準備をする必要がありますか? 小児のアデノイドの除去には、それの準備が必要である。う蝕の影響を受けるすべての歯を癒す必要があります。義務的な条件 - 半年以内に子供は幼児期の感染症に罹患してはならず、1カ月以内に風邪をひきます。操作に最も適した時間は秋または冬です。

手術が終わったら、次のような医師の指示に従う必要があります:

1.アデノイドの除去後の最初の日に、小児は半郵便療法を受けるべきである。次の7日間は自宅にいる必要があります。

2.すべての身体活動は2週間禁止されています。

3.子供のアデノイドを取り除いた最初の1週間で、出血の可能性があるので、お湯で入浴しないでください。

4.鼻が敷かれている場合、最初の10日間で血管収縮性の液滴および収斂性の乾燥(プロゴルオール)が処方される。

5.子供の栄養はどうあるべきですか?冷たい、熱い、スパイシーな食べ物、ジュース、果物を与えないでください。子供に暖かい液体ピューレ食品(クリームスープ、ヨーグルト)を提供することをお勧めします。

1ヶ月後に実施された操作の効果を観察することができる。

アデノイドを除去する操作には影響がないあなたの子供は、免疫システムの正常な機能を促進する人生の方法を彼のために組織しよう:口腔衛生、硬化、上部気道の病気のタイムリーな治療。