喉の痛みの合併症:起こりうること、避ける方法

健康

一見すると、そのように見えるかもしれません喉の痛みのような病気は完全に無害で、それ自体後にいかなる結果も残すことはできません。体温の上昇、喉の痛み、倦怠感 - それには何も問題はないようです。しかし、人体内で起こっている免疫学的および生化学的プロセスを考えるなら、あなたは完全にあなたの心を変えることができます。結局のところ、病気の主な原因は非常にしばしば連鎖球菌であり、これには多くの不快な特徴がある。狭心症の合併症は、かなり重大であり、場合によっては生命を脅かすことさえある。

喉の合併症

成人における狭心症およびその合併症

成人における咽喉の合併症は、2つの重要なグループ:ローカルと一般的な、腎臓、心臓、関節の損傷につながる可能性があります。局所的な合併症は、局所的な変化によって引き起こされる。基本的に、彼らは患者に大きな脅威をもたらさないが、これにもかかわらず、いくつかの注意を必要とする。

この疾患の局所合併症には、

  • 痰。
  • 膿瘍。
  • 中耳炎。
  • 喉頭の浮腫。
  • 扁桃腺からの出血。

アンギナ:合併症を予防する方法は?

感染症後の不快な結果を避けるために、とりわけ次のような特定の規則に従うことが重要です。

  • ベッドレスト;
  • 抗生物質の経過は5-10日ですが、3日目に改善すれば治療を中止することはできません。
  • 病原性微生物および扁桃腺からの膿性沈着物を洗い流すことを可能にする喉のうがい、
  • 出席しているセラピストの処方箋に従う。
  • 身体からの様々な毒素を排除するのに役立つ大量の液体の使用。
  • 免疫力の強化、適度な身体活動。

抗生物質投与後

狭心症のための抗生物質

狭心症ではどのような抗生物質を摂取すべきですか? 主治医によって処方され、患者が必要とする抗生物質を処方できることを覚えておくことが重要です。現在、大量の抗菌薬が製造されていますが、それらのすべてが治療に適しているわけではありません。さらに、多くのフルオロキノールまたはセファロスポリンの強力な薬物で治療を始めることはできません。なぜなら、それは患者の体に強い中毒を引き起こし、潜行性疾患の効果的な治療には役に立たないからです。さらに、抗生物質の合併症が発生した後、特に幼児で発生することがあります。疾患の様々な形態で使用される抗菌薬は、群に分けることができる。治療開始時のセラピストは、毒性が少なく、連鎖球菌およびブドウ球菌の両方に等しい力で作用するペニシリン系に関連する抗生物質を好む。

ペニシリン系抗菌剤

このグループの抗生物質は代謝をブロックする病原性微生物の保護機能を著しく弱める細菌細胞のタンパク質。どの抗生物質がペニシリンシリーズに適用されますか?最も人気のあるもの:

  • "フレモクラフ"
  • Ampiox。
  • "アモキシシリン"
  • 「フレモキシン」。
  • "Augmentin"。

どのような抗生物質

抗生物質:セファロスポリン

強い抗菌作用化膿性扁桃炎の治療に使用される医薬品。セファロスポリンは病原性細胞を破壊し、それらをさらに破壊する。子供や大人の治療では、

  • "Cefixim"。
  • "セフトリアキソン"
  • "セファレキシン"

抗菌薬:マクロライド

第3群の抗生物質は、扁桃炎。このタイプの投薬は、患者がペニシリン系の抗菌薬に対するアレルギーを有する場合に処方される。マクロライドには以下の薬物が含まれる:

  • "ジョサミン。"
  • "Sumamed"。
  • 「アジスロマイシン」。

最後の世代の抗菌薬

扁桃炎の治療では、多くのセラピストがフルオロキノール - 21世紀の医薬品。フルオロキノレートが急速な中毒を引き起こすため、セファロスポリンおよびペニシリン抗生物質による治療が陽性の結果をもたらさない場合にのみ、それらを割り当てる。

これらには以下の薬物が含まれます:

  • "Tsyprolet"。
  • "Ofloxacin。"
  • ロメフロキサシン。

病気の際のポジティブなダイナミクス抗菌薬の使用は迅速に行われますが、治療が正しく選択されたという条件でのみ行われます。成人の扁桃炎に対する抗生物質は、錠剤の形態で処方される。小児の治療では、病気のすべての徴候が生じ、十分に高い温度が観察された場合にのみ、注射を優先することができる。さらに、「Bioporox」のような薬剤が広く使用されており、主な有効成分が抗生物質であるスプレーの形態で提供される。しかし同時に、病気の原因物質が体内で破壊されなければならないため、局所治療は内科療法と組み合わせなければならない。

心臓の狭心症の合併症

抗生物質を正しく受け入れる

扁桃炎の抗菌薬は、一定の投与量で服用された場合にのみ顕著な治療効果を発揮します。

抗生物質療法が最も効果的であることを可能にするいくつかの推奨事項がある:

  • 処置を開始する前に、病原体の種類を特定することが必要である:微生物叢に対する合格試験;
  • セラピストによって処方された医薬品は、治療効果の発症に必要な指示された投薬量に従って採取される;
  • 抗菌薬を用いた治療は少なくとも10日間かかるはずであるが、この場合の例外は延長作用を有する抗生物質である。
  • 患者がいずれかの投薬にアレルギー性である場合、主治医はこれについて必ず通知されるべきである。
  • 薬は水のみで飲む。
  • 抗生物質は食事の数時間後またはその1時間前に服用される。
  • 抗菌薬の摂取と同時に、プロバイオティクスのコースが処方され、腸内細菌叢が正常化されます。

これらの規則すべてが実際に観察される場合、扁桃炎の治療は効果的であるだけでなく、抗生物質投与後に不快な結果につながることもありません。

狭心症後

狭心症および心臓合併症

しばしば扁桃炎の後悪い危険な病気、悪いリウマチや心臓病のようなものです。感染との戦いや回復の過程で、いわゆる抗体が集中的に分離され始め、これは主に特殊な結合組織の形成を促進するタンパク質の抑制において主に発現される、人体に予測できない影響を及ぼすことがある。その結果、結節が形成され、結節がさらに瘢痕に変換される。結果として、心臓弁の調整された仕事が失敗し、副作用が生じる。

この危険な病気に加えて、合併症心臓の狭心症は、心筋に影響を及ぼす炎症過程である心筋炎の形で現れます。この病気は、強い動悸、耐え難い痛み、心臓リズムの機能不全、頸部に位置する静脈の腫れ、チアノーゼ、下肢の浮腫および呼吸困難を特徴とする。

これらの合併症はすべて、脚にかかる病気したがって、扁桃炎後の重大な結果のリスクの回復および排除の保証は、主治医のすべての処方および適時かつ有能な治療を厳格に遵守することであることにもう一度留意すべきである。

小児における狭心症の合併症

狭心症:腎臓の合併症

腎臓における狭心症の合併症の可能性。この疾患の危険な結果には、糸球体腎炎およびいわゆる腎盂腎炎のような病気が含まれる。

腎盂腎炎 - 腎臓の炎症慢性期。腎臓におけるこの種の病気では、膿、膀胱分泌物および組織崩壊製品で満たされたいくつかの空洞が形成される。

糸球体腎炎は、人にとって非常に危険な腎臓の両側の病変は、将来腎不全につながる可能性があります。その結果、患者は臓器移植および血液透析のみを保存することができる。狭心症、合併症、その症状は体温の急激な上昇、悪寒および発熱、腰痛で表され、即時治療を必要とする重篤な疾患を示している。

小児における狭心症およびその合併症

子供の咽喉の合併症は、喉頭および脊椎の後部領域における膿疱形成の発生を特徴とする後天性膿瘍の形態。子どもたちはリンパ節を持っています。

出生から6年後、リンパ節は消失する。大人のこのような合併症との関係は現れません。しかし、小児では、この病気が呼吸プロセスに影響を及ぼし、結果として窒息を引き起こす可能性があります。そのような結果を防ぐために、外科医の外科的介入が必要とされ、手術中に喉頭に位置する膿瘍の膿瘍が明らかになる。

 狭心症合併症の症状

合併症:狭心症はどのように耳に影響を及ぼしますか?

喉の合併症は何ができますか? 扁桃炎の原因となる感染症は、上顎洞に入り、そのような不快な副鼻腔炎または副鼻腔炎を引き起こす可能性があります。一部の症例では、病気の後、膿の蓄積量が多い中耳領域に合併症があるかもしれません。この病気には耳炎のような名前があります。また、炎症過程は内耳、迷路虫に進行することがあります。

これに加えて、浮腫が形成される喉頭。この場合の炎症は、子宮頸部リンパ腫、髄膜、甲状腺と同様に、顎下腺に影響される可能性がある。その結果、髄膜炎があり、これは人にとって非常に危険です。

完全な休止の数日後患者の幸福の改善に関連する抗生物質療法は、痰の扁桃炎または傍扁平炎のような疾患を発症し得る。この結果、体温の上昇、咽頭痛、リンパ節の痛みおよび炎症、不明瞭で不明瞭な発語、一定の唾液分泌など、患者の状態の急激な悪化が再度観察される。喉には膿瘍があり、これは首を回すときに激しい痛みにつながります。

体内で起こる炎症過程重度の中毒につながり、睡眠や正常な食事ができなくなります。その結果、人は意識を失う可能性があります。この場合、治療は唯一の強力な抗生物質です。

結論:咽頭痛の合併症

扁桃炎後の結果は、回復後数週間、場合によってはそれよりずっと早く感じることができます。したがって、覚えておくことが重要です。

  • 扁桃上の感染が他の臓器に移動する可能性があるため、不快感がなくなっても喉頭をすすぐことを拒否しないでください。
  • 治療は非常に真剣に行わなければなりません:セラピストの指示に従い、治療の過程を十分に経なければなりません。喉の痛みの合併症は、あなたの健康に非常に害があることを忘れないでください。
  • 病気の後、体の活動と体温低下を排除する必要があります。寒さが繰り返されると重大な合併症につながる可能性があります。
  • ビタミンの体系的なコースで体を強化すると、硬化はできるだけ簡単に病気を転移させるだけでなく、扁桃炎の不快な結果を避けることもできます。
  • 病気のときだけでなく、人体に起こったあらゆる変化に対応するための適切な機会にも後でアラーム信号を発する心配。

あなたの健康には、いつも納豆で治療する注意、それはあなたを失望させません。病気ではなく、時間通りに適切に治療してください!医師や抗生物質の助けを借りずに自分自身に頼り、扁桃炎を取り除こうとしないでください。