発汗は何ですか?大人の治療

健康

ステレオタイプにもかかわらず、発汗は幼児では、成人で発生することが多い。ほとんどの場合、多汗症の結果である - 発汗が増加します。それは、腎臓疾患および内分泌系の崩壊と同様に、心臓血管系の問題のために生じ得る。同じ状態になると、過熱と激しい作業が発生する可能性があります。したがって、汗がある場合は、知っておく必要があります:成人の治療は、その品種の定義から始まります。これは、治療の有効性に依存します。

大人の発汗治療

最も無害なフォームは結晶性の発汗です。 大人の治療は、原則として必須ではありません。これは、赤色の泡の多数の体の外観によって特徴付けられる。原則として、数時間後または翌日に独立して通過します。これは、過剰な運動に対する汗腺の反応です。しかし、痛みはありません。

赤い発汗がある場合は別の問題です。 この場合の成人の治療は必須です。これはただの皮膚炎ではなく、皮膚の上層の重度の炎症過程であるということです。ほとんどの場合、腋の下、肘、鼠径部、および胴体の外側部分に影響します。危険は湿った創傷の形成です。タイムリーな治療を提供しない場合、そのプロセスは他の領域に影響します。赤い発汗のような病気では、大人の治療には最大2週間かかります。

乳児の発汗

時には、丘疹発汗(より重い暑い気候に対する反応として生じる赤色あせも)を形成します。男は寒さにすべての彼の人生を生きている場合は、汗腺が負荷に対処することはできませんが、これは不快な症状の出現につながります。したがって、休憩のための場所を慎重に選択する必要があります。

特に顔面に発汗があった場合、治療すぐに始める必要があります。これは、病気の発症を防ぐでしょう。皮膚科医に会うのが最善です。彼は特別な薬のコースを処方するでしょう。原則として、乾燥効果を有する軟膏が含まれる。治療中は、1日4回までシャワーを浴びることが重要です。この疾患の影響を受けた皮膚領域は、抗炎症効果を有するハーブ注入で治療することができる。例えば、カレンデュラ、カモミール、セージなど。

顔面紅潮
発汗がある場合は、大人の治療マンガンの浴でも実施される。その後、患部はベビーパウダーで治療する必要があります。樟脳やメントールオイルを使用してかゆみを減らすことができます。または、その基礎に軟膏を購入してください。病原体培養の病気の原因なら、医師は抗生物質を処方するでしょう。

通常の現象は幼児の発汗です。 この場合の治療は特に困難ではない。原則として、成人に示されているものに似ています。つまり、ハーブバス、徹底的な衛生です。あなたは子供の服にも注意を払うべきです。それは自然な生地から作られるべきです。子供たちを過ごさないでください。これにより、彼らは後に汗をかくので、ひどく汗をかく。親にとって重要な仕事は、子供に個人衛生を教えることです。重度の症例では、成人の発汗は手術によって行われる。比較的現代的な方法は、ボトックスの注射と考えることができる。これにより、汗腺の働きを減らすことができます。