準備は "Sinuforte"です。使用および説明のための指示

健康

薬「Sinuforte」は粉末の形をしています鼻腔内投与のための溶液の製造のためのものである。凍結乾燥物は、ヨーロッパのシクラメンの塊茎の抽出物およびジュースを含む。効果的に、副鼻腔炎から薬 "Sinuforte"。薬の価格は約1500ルーブルです。この薬物の作用機序は、植物成分の特性に基づいている。この薬剤は、中央鼻腔領域の三叉神経の感受性受容体に作用する。この薬物は、鼻腔および副鼻腔の粘膜における反射産生を誘発する。患者の身体の特徴に応じて、0.5〜1時間後に鼻からの放電の刺激された生成が認められる。過剰分泌の背景に対して、炎症性滲出液の増加、分泌のレオロジー特性の変化、およびその後の粘度の正常化が観察される。薬物「Sinuforte」(医者のレビューはこれを確認する)は、鼻粘膜およびその洞の血液循環を刺激する。

医者のsinuporteレビュー

任命

この薬剤は、副鼻腔領域の内視鏡的介入に基づいて術後および早期リハビリテーション中の副鼻腔炎の慢性および急性期に推奨される。

準備は "Sinuforte"です。使用説明書。禁忌

薬を2〜3度で処方しないでください動脈性高血圧症、12歳未満の子供、アレルギー性鼻副鼻腔炎、ポリポーシス性鼻副鼻腔炎。禁忌には、構成要素の不耐性が含まれる。 "Sinuforte"投薬は、首や顔の領域でアレルギー反応を起こす傾向のある患者さんの使用はお勧めしません。

副作用

遺伝病の価格からのsinuporte

注目された資金の使用に基づいて鼻腔の灼熱感、三叉神経の感受性受容体の刺激に関連する唾液分泌および涙液分泌の増加をもたらす。 Sinuporte投薬(使用説明書にはこのようなデータが含まれています)には、顔面の赤み、頭痛(短く)があります。毛細血管の癒着に関連して、淡いピンク色に着色した鼻からの排出が額に形成される。これらの影響は、薬物の反射活性を確認する短期間の生理学的反応であり、治療の中止の適応症を指すものではない。アレルギーの発症により、薬の使用を中止し、医師に相談してください。

準備は "Sinuforte"です。使用方法

Sinuphorte使用説明書

使用前には、溶媒を凍結乾燥物に注ぐ。混合後、ディスペンサーを装着する。保護キャップを取り外した後、空気中に2〜3回のテストスプレーを作ります。鼻に投薬を導入すると、頭は垂直に保持されます。鼻孔ごとに一度灌水を行う。単回投与量 - 1.3mg。準備 "Sinuforte"は、1日おきに使用する場合は12〜16日間、毎日連続使用する場合は6〜8日間使用することをお勧めします。より長い治療は、専門医の指示によってのみ行われます。