月経中に妊娠する確率は?

健康

「月経中に妊娠することは可能ですか?保護されている? " - この修辞的な質問は、多くの女性と若い女の子を苦しめる。結局のところ、知られているように、多くの女性の批判の日の間に、彼らは悪用を愛するように描かれています。月経中に妊娠できるかどうかを調べてみましょう。

月経中に妊娠する
重大な日の性交

多くの人が、妊娠中は毎月はとても簡単です。最近では、女性が喜んでいることがほとんどです。結局のところ、私たちは自分自身を拘束し、私たちの最愛の夫または不変のパートナーを否定すべきですか?

の分野に特化したほとんどの医師婦人科、さまざまな種類の病気の感染の危険性があるので、月経中に性別を除外するように助言する。あなたは膣と付属器の重度の炎症を起こすことができます(このような日に子宮頸管が開いているので、微生物の子宮腔に浸透する危険があります)。しかし、あなたがパートナーに絶対に自信を持っていて、感染症がない場合は、親密さと批判的な日の間に余裕ができます。

月経中に妊娠することは可能ですか?
月経中に妊娠する可能性はありますか?

多くの専門家は、2日前月経のと受胎リスク後の発症はゼロまたは無視できるほど小さいパーセントに減少しています。しかし、医師はそう月経中、並びにそれらの完了後に妊娠するために、すべての女性の体は異なっていることを警告し、それが可能です。

まず、子宮腔に浸透している精子は、この後7日間活動状態にとどまります。

第二に、卵は成熟によって特徴付けられる。その後、そしてサイクルの途中まで。同じことが排卵になります。したがって、月経中に妊娠することは、発症前または終了後に可能な限り可能です。

最大限の注意深い注意短い周期の女性であることが必要です。この場合、排卵発症の時間を正確に計算して正確に決定することはほとんど不可能です。平均的なサイクルを持つ女性の方がはるかに簡単です。その後排卵を計算して準備することができます。

第三に、このサイクルは頻繁な違反や変化が特徴であることを覚えておく必要があります。このような問題が発生した場合は、警告を発する必要があります。

あなたは月経中に妊娠することができます
受胎のための最小チャンス - 初期の月経。この時点で、精子のために好ましくない環境が作り出される。妊娠の最大のチャンスは、長期間の最後の日です。この点で、月経の終わりまでに積極的に保護する必要があります。

誰かにとって、妊娠は大きな喜びです。 しかし、それは計画されているが、予期せぬことではないことに注意する価値がある。何をすればいいのですか?苦いことを後悔する必要はありませんか?答えは明白であるだけでなく、非常に些細なことでもあります。慎重に守られ、非常に疑わしいカレンダー方法を信用せず、チャンスに頼らないでください。

期間がある時だけ愛と愛情が必要な場合は、コンドームを使用して喜びを得てください。