子どものためのSumamed:服用方法、適応症、禁忌

健康

ああ、それらの子供たち! 両親が病気に遭うと、その経験をするのにどれくらいの時間がかかります。子供の最も一般的な病気は、もちろん、風邪です。彼女が数日で去るといいですね。しかし、原則として、抗生物質の助けがなければ、しばしば起こることはありません。そして、ここであなたはsumamedのような薬の助けに来ることができます。

子どものためのスマメド:証言

子供を治療するための抗生物質の使用、もちろん、望ましくない。それにもかかわらず、彼らはより迅速に病気を治すのを助け、子供の状態を緩和します。今日の子どもたちのためにスマメドは非常に頻繁に任命されます。それは寒さである必要はありません。呼吸器系、ENT器官、皮膚感染症、他の感染症の病気 - このすべてのために、様々な病気を表示することができます。

sumamedは抗生物質であることに注意すべきであるそのほとんどは広範囲の行動ではありません。これは非常に強力な薬ですので、その目的は最も困難な場合にのみ便宜です。しかし、他方では、他の多くの抗生物質とは違って、サマメットは、胃の微生物叢にあまり影響を与えません。

子どものためのスマメ:禁忌

どんなに良い子どもたちのためにSumamedだったとしても、医者の許可なく子供に購入して与えることは、全く望ましくない。他の薬と同様に、それは使用のための禁忌を持っています。これには、痙攣、重度の腎臓病および肝臓疾患ならびに心臓血管系の個々の不耐性が含まれる。スラムダムの適用に対する禁忌は、子供の年齢、より正確にはその体重である。体重が10キログラム以下の赤ちゃんは、この抗生物質で治療することはできません。通常、子供はすでに6ヶ月でこのような体重を持っています。

子供のためのSumamed:副作用

幼い子どもたちに祈る本当に非常に慎重な、この薬でも副作用を引き起こす可能性があるため。だから、めまい、不眠症、逆に眠気、耳鳴り、吐き気、食欲不振、嘔吐、腹痛などが増えることがあります。

薬物の投与形態

Sumamedはいくつかの医薬品で利用可能ですフォーム。注射剤の調製のために、錠剤、カプセル剤、溶液剤で処方することができる。しかし、最も頻繁に蘇生される子どもたちは、中断の形で与えられる。まず、それは果物の楽しい味を持っているので。第二に、液体の形態では、幼児に抗生物質を与える方が容易である。第三に、子供のサスペンションのためのsumamedは、同じ錠剤より良い投与量です。

Sumamedを取る方法

Sumamedの子どもたちは以下のスキームに従って与えられるべきです:

子供の体重1キログラムは10単位ミリグラムの抗生物質。どのくらいの合計が与えられるべきであるか、両親は独立して(または医者)計算する必要があります。したがって、子どもの体重、例えば15kgの場合、合計の合計用量は150mgになります。

Sumamedは原則として5日間任命される。最初の3人の子供のこれらの5日間のうち、少し高いと示される抗生物質の量が与えられるべきである。しかし、最後の2日間で、投与量は倍増する。

この薬の大きなプラスは、1日1回しか飲まないことです。これは、食後2時間後、または食前60分前に行う。

Sumamed:有効性

すでに指摘したように、sumamedは非常に強力な抗生物質であるため、病気の原因にすばやく十分な影響を与えるという点で驚くべきことはありません。原則として、薬物を服用した最初の日の後、子供はより良くなり、3日目に彼の状態はほぼ正常に戻ってくる。しかし、いかなる場合においても、スムーマムと自己浄化してはならない。おそらく子供の病気は、より軽い薬によって試され治癒される可能性があります。いずれにしても、最初に行うことは医師に診てもらうことで、治療法を決定することができます。