食中毒

健康

食品媒介性疾患は非常に深刻であり、病原生物に襲われることによって引き起こされ、人体の急性症状、有毒植物や動物だけでなく、化学的に攻撃的な物質の代謝産物。

食品媒介性疾患:症状および分類

中毒の症状は、毒素の性質と中毒の重篤度に直接依存します。ほとんどの場合、これは強い嘔吐、下痢、腹痛、発熱、場合によっては皮膚発疹です。

食中毒の原因である病原性微生物であることから、それらの品種と中毒の主な症状に慣れる必要があります。

ブドウ球菌食中毒。 その特徴は、インキュベーション期間が30分から数時間の範囲であり、中毒の症状がほぼ直ちに発症することである。患者は吐き気を訴え、嘔吐に変わる。発熱や下痢がなくても、胃にも痛みがあります。低品質の乳製品または菓子製品を食べると感染が起こります。

- 大腸菌による中毒。 この病気は、細菌が微生物に入ってから約4〜10時間後に発症する。吐き気、嘔吐、下痢などの急性中毒から始まります。椅子には粘液や血液は含まれていませんが、特徴的な酸っぱい臭いがあります。原則として、不適切に調製され感染した野菜を食べた後に中毒が起こる。

- 連鎖球菌食中毒 - 消化管(吐き気、下痢)の障害だけでなく、狭心症に似た喉頭の病変でも現れるかなり特異な中毒である。

食品媒介性疾患:治療

嘔吐の重度の発作では、頻繁に、フェチ血液の下痢、腹部の重度の痛みは、特に小児または妊娠中の女性の中毒である場合は、すぐに医師に相談してください。最も重度の中毒症例では、即時胃洗浄が必要である。この目的のために、彼らは単純な沸騰した水、ソーダの溶液または特殊な薬を使用することができます。

さらに、患者は、あなたはより多くの液体を持つことができます - これは単純な、純粋な水、砂糖のないお茶またはベーキングソーダ、塩の弱いソリューションにすることができます。液体の総容量は、1日当たり少なくとも3リットルでなければならない。場合によっては、吐き気の強く持続的な攻撃のために、病人は文字通り自分自身を飲むように強制する必要があります。まず、このようにして、すぐに中毒の症状を取り除くことができます。第二に、豊富な飲み物は重度の下痢の結果として現れる脱水の発生を防止する。

将来的には、すべての重く、スパイシーで魅力的な食品を除いたバランスのとれた食事を守らなければなりません。

食品由来の毒物学:予防の方法

ほとんどすべての場合において毒素は食物と一緒に健康な体に入る。まず、消費する前にすべての製品を徹底的に洗い流し、正しい熱処理方法で無視しないことを覚えておいてください。

食べ物に不快感があることがわかったら臭い、特徴的でない色や質感、古くなったように見える、腐敗の兆候を示し、それを使用することを拒否する。衛生的で衛生的な規則を無視しないでください。

化学毒素による中毒については、多くの場合、この状態は、家庭化学の味を試した幼児の間で観察される。だからこそ、これらのことは子供の手の届かないところに置かなければなりません。パウダー、石鹸、その他の製品は、食品や食器のすぐ隣に置かないでください。