ロペラミド:使用の兆候

健康

人々が私に薬が良いと尋ねるとき残りは下痢に対処する、私は長い間躊躇しないでください。おそらく最高ではないが、下痢のための救急車のための非常に効果的な薬は、「ロペラミド」である。

現在の薬の使用の適応症物質ロペラミド塩酸塩は、急性および慢性の下痢の異なる起源である。薬理学的グループは、問題の薬物を含み、抗下痢薬と呼ばれ、単に異なる病因の下痢を意味する。

この薬には他の名前もあります: 「レディウム」、「スーパーシロップ」、「イモジウム」、「ネオ・エンテロセプトール」などがあります。活性物質はすべて同じで、ロペラミドと同義です。薬物による治療の適応症は、その性質に起因する。その使用は、腸の蠕動(臓器の筋肉の律動性収縮)の減速に寄与する。

同時に、腸内容物の通過増加、肛門括約筋のトーンが増加し、糞の保持が発生します。この治療法を使用した後に排便する衝動はあまり一般的ではありません。ほとんどの場合、「ロペラミド」という薬は下痢と戦うのに最適です。徴候は、感情およびアレルギー起源の下痢、放射線発生、ならびに食物摂取およびその品質の変化した様式によるものを含む。

Средство "Лоперамид" при беременности назначается 胎児への脅威がない場合に限る。最初の妊娠では、全く任命されていません。ロペラミド薬を服用した妊婦には重大な薬物研究はなかったが、授乳措置の適応症にはこの薬物療法を受けている間に母乳育児を中止する問題が含まれていた。

この薬と禁忌。どんな薬と同様に、そのような禁忌は、まず第一に、過敏症です。またそれは、急性期、妊娠、肝疾患、消化器感染症の最初の学期中に腸閉塞、潰瘍性大腸炎にし、2歳未満のお子様は禁忌です。

適用時にいくつかの機能があります準備 "ロペラミド"。このアプリケーションでは、下痢の治療は体液損失の補充も意味するという事実を考慮する必要があります。また、この薬で下痢を治療する際には、輸送の運転手や、反応の速さと注意力の集中が必要な他の職業の代表者に注意を払う必要があります。薬物の便秘や鼓脹の治療中に発症すると、治療を中止すべきです。

肝機能障害を有する患者中枢神経系の毒性病理について観察されるべきである。カプセルを5歳未満の子供に処方することはお勧めしません。 2日間の治療後に陽性の結果が得られない場合は、下痢の原因となる感染症を排除するために診断を明確にする必要があります。

どのように薬 "ロペラミド"を適用する。 適応症と投薬量。カプセルは咀嚼することなく経口的に服用される。彼らは水で自分を洗う。錠剤を服用することもできますが、より速い効果を得るためには、錠剤を舌の中に入れ、弛緩させた後に唾液と一緒に飲み込んでください。水は薬を飲まない。急性下痢症の場合、4mgが成人に投与される - 初回投与量。その後、各液体便(下痢)の後に2mgを服用する。薬物の1日量は16mgを超えてはならない。

5歳以上の子供、急性下痢初期投与量は2mg、各排便後(液体便)は2mgとする。同時に1日用量 - 8mg。 5歳までの年齢では、溶液中の子供に処方され、体重10kgあたり5mlの割合で口に取り込まれます。椅子が正規化された後、薬は子供と大人の両方で取り消されます。