"Resalut"の手段。使用の兆候

健康

ツール「Resalyut」は、肝保護剤。薬の一部として、大豆リン脂質からの抽出物がある。肝保護作用は、再生過程の促進および細胞膜の安定化、脂質酸化の阻害および肝臓におけるコラーゲン合成の阻害に関連する。私たちが検討している適応症である「Resalyut」は、肝臓病変のある患者に処方されています。薬物は、脂質代謝の正常化に寄与する。リノール酸の生成を増加させることにより、コレステロール含量が減少する。

アプリケーション価格の表示を再販する

"Resalut"の手段。使用の兆候。価格:

薬局での薬の費用は250最大860ルーブル。薬は、さまざまな病因、有毒な器官の病変の脂肪肝の変性のために推奨されています。慢性肝炎、高コレステロール血症の場合、薬剤「リサルテート」も処方される。その使用の適応症はかなり狭いが、この薬物は肝硬変の治療に有効である。

用法

薬を1日3回服用することをお勧めします2カプセル、好ましくは食事前。生成物を十分な体積の水で洗い流す。カプセルを噛んではいけません。治療期間は、臨床像および患者の耐容性に依存する。

使用の兆候を再表示する

薬品「リサルテート」の副作用

使用の兆候 - 最も基本的ではない治療を処方する際に考慮すべき情報。重要性は、薬物を誘発する可能性のある重要な副作用でもあります。特に、治療に基づいて、上胸部における不快感または圧痛が起こることがある。患者が成分に対して過敏である場合、アレルギー反応が可能である。特に、発疹、刺激があります。まれに、実際には、造血系の違反が注目されました。女性では、出血は中間期に発生しました。

禁忌

抗リン脂質剤として推奨されていませんシンドローム、また成分に対する過敏症の場合。 12歳未満の患者の治療の背景には、合併症のリスクが高いという用量調整が必要となることがあります。妊娠中の処方の有益性は、専門家によって確立される。授乳中の患者は、「Resalyut」という薬を服用している間、授乳を止めるべきです。出生前および授乳中の使用の兆候は、胎児と新生児の可能性のある合併症とともに専門家が検討する必要があります。

追加情報

医者のReshalyutレビュー
実際には症例は記録されていない過剰摂取は「リサルテート」を意味します。医師のコメントは、薬の高い有効性と安全性を示しています。専門家によると、患者は治療の背景に起因する合併症に関する苦情を申し立てることはほとんどありません。さらに、この薬は他の多くの医薬品と互換性があります。しかし、医者は、例えば、「ワルファリン」または「フェンプロクモン」のような手段によって、クマリン抗凝固剤との相互作用を排除するものではない。この点で、包括的な治療薬の予約により、「リサルテート」薬の投与量を調整することができます。