大臀筋:機能と構造

健康

臀部の筋肉組織は大きなアレイである骨盤の後ろに位置する四角形の筋肉。彼らは臀部の形状と輪郭を決定します(脂肪含有量が正常であれば)。一方では、背骨と骨盤に固定され、他方では後ろの大腿骨の上部に固定されます。臀部の筋肉には大、中、小の3種類があります。開発された筋肉組織は美的観点から美しいだけでなく、マッスルトーンは体全体の体力と体力を決定します。臀部と太ももの筋肉は、人間の筋肉のボリュームの大部分を占めています。

大臀筋

解剖学

最大のものは大きな臀部筋肉。それは皮膚の最も近くに位置し、体のこの部分がどのくらい突出するかに依存するので、臀部の外観および審美性に関与する。その構造では、それはダイヤモンド形の輪郭を有し、幅広く肉厚である。

異常に大きなサイズの臀部筋肉組織人々の筋肉の構造の特徴的な特徴であり、人が胴体を直立状態に保つことを可能にするのはこれです。構造的に大きな筋肉は、バンドル内に組み立てられ、お互いに平行な粗い繊維からなる。これらの束は、1つに大きく接続されているが、繊維からなる区画によって分離されている。

大臀筋はこの地域で始まります腸骨(より具体的に - その部分の背面に)直接腸骨稜の上及び後ろに配置されています。さらに、それは離れて尾骨から仙骨の下部を通過します。繊維は、その底部の筋肉の最も外部の繊維で形成し、下方及び横方向に向けられています。また、筋肉は大きな大腿骨の串をバイパスし、幅広いシェルになります。筋肉の一番下にある深部繊維が外側大腿と転筋の間の幅です。

大臀筋は、ホッケー、バスケットボール、サッカー、バレーボールなどのスポーツで使用される主要な筋肉の1つです。彼女のストレッチは非常に痛みを伴い長く持続することができます。

お尻の筋肉

中程度の筋肉

回腸の外表面に中央の筋肉の始まりは臀部(筋肉組織の最前線から高い)です。殿状腱鞘炎はそれに始まります。その部分は、股関節の側面に取り付けられた腱に収束する。

小さな筋肉

これは、腸骨の前方の臀部線の底面と正面との間に生じます。それは坐骨筋肉から通過して、股関節に装着されているの背後にあります。

殿筋機能

骨盤領域の静的状態にあるので、大きな筋肉繊維は太ももの筋肉を支え、人体が直立した姿勢を保つのを助けます。下の動きを固定して、筋肉は太ももの頭の上の体を支え、私たちが片足に立つのに役立ちます。例えば、傾けたときには、胴体が直立して骨盤を引き戻すのに役立ちます。

内腸筋

大臀筋は、いわゆる太腿の広い筋膜(これは大腿骨の結合膜であり、骨盤から外側部分に沿って膝関節まで伸びている)。これは、膝関節を動かし安定させるときに大腿を内側に回さないようにするのに役立つ。大臀筋には他の機能があります:

  1. 彼女は骨盤部の大腿部の伸長を担当しています。
  2. トランクの固定を解除します。
  3. 彼は腰を外側に回します。
  4. それらを異なる方向に向けるのに役立ちます。
  5. 腰を中心に持ち上げることを促進する。
  6. 彼女の助けを借りて、身体と足は、走ったり歩いたりするような物理的な運動の間に安定する。

大臀筋の解剖学

お尻の筋肉を改善する

今日まで、それは広いスポーツライフスタイルの分布は、それは彼らの物理的な形状を維持した口調で全身をもたらすためにファッショナブルになってきています。この場合、ほとんどの部分は、それが違って見える臀筋との関係で美的要素、および物理的な強度の増加に来る場合と - この領域の筋肉量の不足が足の萎縮を引き起こし、男性は長くないスタンド、歩く、またはスクワットすることができます。

大臀筋の機能は非常に多様です。 筋肉の外観、形状、容積を変えることは、永続的かつ定期的なトレーニング(例えば、自然の変化について話し、外科的介入ではない場合)だけで可能です。

運動の役割

大規模なものを膨張させるための異なる練習大臀筋にはさまざまな目標があります:体重を増やして形状を修正することができます。音量の増加は特に難しいことではなく、特別な方法やトレーニングプログラムを必要とせず、筋肉を緊張させるために定期的な作業を行うだけで十分です。それが視覚的調整の問題であれば、筋肉組織の各繊維束を研究する必要があり、そのために様々な運動の全セットが実行される。中大脳筋肉も関与している。

最も効果的な演習はスクワット、突っ込み、デッドリフト。そして、最初の2つのタイプの運動が特別な装置なしで行うことができれば、後者はジムでのみ実現可能です。

大臀筋機能

演習の種類

大臀筋には2つの一般的な練習グループがあります:

  1. 重み付きまたは無し。
  2. 基本または隔離された。

練習をすると、主なことは忘れないことです実行の技法。それが大臀筋の代わりに壊れていると、大腿四頭筋の体積が増加する危険性があります。しかし、練習の誤った演技のさらに重大な結果は、関節の機能の中断であり、これは中大脳腱筋に傷害を引き起こす可能性がある。

体重はダンベルと体重です。体重および体重のタイプは、訓練生の訓練のレベルによって異なります。彼らと一緒に作業するときは、筋肉の働きを感じなければならない間に、その技術を妨げてはいけません。

大臀筋の調整を目的とした運動の基礎は、基本的な練習でなければなりません。最も効果的なのは攻撃、スクワット、スプリットスクワット、デッドリフトです。

スクワット(Squats) - これは、その実装技術の面で最も効果的で複雑な練習の1つです。マスタリングのためには、最小の重みの重み付けエージェント(例えば、負荷のないバー)が必要である。

デッドリフトは大きな体重で行うことができ、小さな大臀筋も関与するため、臀部領域の外観を改善するのに役立ちます。

骨盤領域の筋肉を操作するときは、重み付けエージェントだけでなく、さまざまなシミュレータや補助アイテムを使用できます。スプリットスクワットは、ベンチ上の非稼動足の固定による攻撃です。

より詳細な、臀部の筋肉の点補正のために、いわゆる孤立した練習が使用される。彼らはベースの後に実行されます。これには、骨盤の持ち上げ、プレス、側方への脚の除去が含まれる。

小臀筋

推奨事項

毎週のトレーニングセッション数とその期間は、個人の好み、その機能とモードに依存します。週に一回、徹底的に(この場合は、大小殿筋)特定の筋肉を通じて作業、あなたが訓練することができ、さまざまな問題領域での演習の特定のセットを作り、3つのトレーニングの段階に分けることができます。トレーニング強度を選択する際に最も重要なことは - それは臀部の筋肉の捻挫と長期の痛みにつながることができますので、無理をしないでください。

いずれにしても、あなたが過度に練習したとしても前のトレーニングの筋肉、次のすべての不快な感覚の初めに渡す必要があります。骨盤の大小の筋肉を鍛えるためには、適切な栄養を忘れないようにしてください。そのようなことがないと、問題の領域に脂肪が過剰に蓄積し、規則的で長すぎても役に立たないためです。

トレーニングの主な仕事は回復です生物全体と健康的な物理的なフォームのサポート。トレーニングの審美的要素のための競争は、それ自体が終わりではありません。我々は、大臀筋の解剖学的構造を調べた。