アナプリンのアナログ医薬品の利点

健康

心臓血管系の疾患は、一般的な病状の中でトップの場所です。この統計はどこにでも広がっているので、世界中の医療従事者にとってこの問題はグローバルです。高齢者は心臓病の影響を最も受けますが、問題は若返る傾向があります。最も頻繁な血管病変は、心筋梗塞、狭心症、動脈性高血圧、リズム障害である。あなたが時間通りに医療援助をしなければ、これらの病気はすべて死に至ることがあります。大部分の心臓血管障害に有効な薬物の1つは、ベータブロッカー - アナプリリンである。それは非選択的な医療機器のグループに属し、ベータとして機能する1、ベータ版2 レセプター。さらに、アナプリリン - ビソプロロールの類似体が広く使用されている。

薬物の作用機序

アナプリル類似体

薬物治療アナプリンにはいくつかの効果:それは痛み症候群(antianginal効果)を停止し、血圧(降圧薬)を低下させ、心拍数(抗不整脈薬)を正常化する。このすべては、β-アドレナリン作動性受容体の遮断に起因し、神経系の興奮をもたらす。薬物の使用により、心筋細胞は興奮性が低下するので、低血圧を有する人々には禁忌である。呼吸器系に対する薬剤の作用は、鼻炎、COPD、気管支喘息などの疾患において極めて危険な気管支の緊張を高めることである。非選択的β遮断薬の副作用を避けるために、アナプリンの類似体が使用される。

"Anaprilin"という薬:使用の兆候。類似体およびその使用

アナプリン類同義語類縁体
この薬は、心臓の病気、甲状腺、神経系。薬物が使用される病理:安定性および不安定狭心症、高血圧、様々なタイプの不整脈。また、薬物は、恐怖の症候群、未知の起源の震えなどの神経障害に使用されます。内分泌学では、高血圧が認められる甲状腺機能亢進症の患者に適応する。アナプリル類似体「ビソプロロール」は同じ疾患に使用されるが、多くの利点がある。

調製物「アナプリリン」の形態

薬物の活性物質はプロプラノロールである。 それは、経口的にまたは注射剤として使用することができる。錠剤は、10または40mgのプロプラノロールを含み、1日2〜3回適用される。注入のための溶液は1mlのアンプルの形で出される。各々は、2.5mgの塩酸プロプラノロールからなる。この薬にはいくつかの名前があり、 "Anaprilin"という名前が最も頻繁に使用されています。プロプラノロール、Obzadan、Inderal、Angilol、Antralol、Indikardin、Stobetinの類義語 - 類似物質。これらの薬はすべて同じ有効成分と国際名を持っていますが、違いは薬の「商業名」だけです。

ビソプロロールの利点

アナログ使用のためのアナプリン適応症
違いは、アナプリンのアナログを持っています - 調製物「ビソプロロール」はその選択性、すなわち受容体に対する選択的作用である。この理由から、この薬は、「アナプリン」という薬を服用したときに観察される副作用がないため、より多くの利点があります。アナログの動作はより長いので、1日に1回しか使用できません。非選択的薬物とは異なり、糖尿病、代謝障害(高コレステロール、トリグリセリド、血糖値)を有する人々に使用することができます。高齢者に付随する多くの病気と関連して、副作用や禁忌が少ないため、このアナログを使用することをお勧めします。また、薬は効力に影響を与えないので、男性にとって好ましい薬です。

薬「アナプリリン」:使用説明書。類似体

類似体の使用に関するアナプリンの指示
薬を取らなければならない空腹時に食べる前に30分。薬物「アナプリリン」の投与量は、病状の種類、疾患の段階および患者の身体に応じて、各患者に対して個別に選択される。したがって、高血圧症、狭心症、甲状腺機能亢進症などの病気の医学的援助を求めることは非常に重要です。薬剤の使用を開始するために独立して、正しい投薬レジメンを知らずに、これは状態の悪化を招く可能性があるので不可能である。ほとんどの場合、1日に3〜40回40mgを投薬開始します。同じ名前の薬ではあるが同じ基本物質では、異なる投与量を持つことができるので、そのようなアナログを購入するときには、その使用方法を明確にする必要があります。あなたが類似体として投薬 "Bisoprolol"を使用する場合、それは活性物質のより大きな有効性のために1日1回使用されます。