咽喉疾患:原因、治療、合併症の可能性

健康

最近、多くの人が止まった喉の病気に深刻な注意を払って、そして治療を受けていることは、キャンディーの珍しい受け取りと理解されている。そのような軽蔑的な態度は危険なほど深刻です。

弱い免疫力を有する咽喉の疾患は、心臓、腎臓および関節に合併症を与えたり、声帯に問題を引き起こしたりする。したがって、咽喉の疾患は、適時に適切に治療され、病気の原因を正確に診断および決定されるべきである。

喉の病気の原因

原因には多くの理由があります炎症性咽喉疾患。この疾患は、急性または慢性、外的または内的である。この疾患の原因物質は、扁桃腺および頚部腺または粘膜の表面に影響する感染および微生物であることが最も多い。

咽喉病は、腫瘍によって引き起こされる可能性があり、外傷、咽頭痛、甲状腺疾患。声帯に負荷、粘液性アルコールによる刺激、発泡性飲料およびタバコもまた喉の痛みを引き起こす。

喉の病気の種類

喉の中で最も広範な病気には可能です咽頭炎、喉頭炎および喉の痛み。咽頭炎の場合、咽頭の後壁は、ウイルスまたは感染の体内に入る結果として炎症を起こす。咽頭炎には、乾いた咳、鼻水、わずかな発熱、げっ歯類が伴う。

喉頭炎は、声の損失、ho声の増加、息切れなどの特徴があります。急性喉頭炎では、気温がわずかに上昇し、時には頭痛が伴う。

アンギナは通常突然始まります。 患者は喉の重篤さを訴え、扁桃腺は腫脹し、顔が赤くなり、時には化膿性皮膜で覆われることもある。喉の痛みは嚥下や咀嚼によって増加し、温度が著しく上昇する。狭心症は1.5週間以内に治療されますが、不十分かつ時宜にかからない治療では、腎臓、心臓および関節に深刻な合併症を与えます。

粘膜または真菌のカンジダ症咽喉病は、酵母カンジダ菌によって引き起こされる疾患である。カンジダはほとんどすべての人の体に生息しているが、咽頭の真菌は必ずしも呼ばれているわけではないという事実にもかかわらず。人の咽喉の真菌性疾患は、免疫が低下したとき、または抗生物質および他の薬物の非運動的受容のセッションが行われたときに生じる。

カンジダ症の主な症状は、気泡、びらん及び亀裂を伴う咽頭炎症である。粘液コートは白く凝固した放電で覆われている。影響を受けた表面は不快にかゆくなる。

喉の病気の治療

どんな喉の病気にもタイムリーな治療が必要です。

咽頭炎の治療において、スプレーまたは吸収錠剤への暴露。効果的にあらゆる種類のすすぎを行い、アルコール圧縮を加え、喫煙をやめ、アルコールを飲む。

喉頭炎では、病気の原因を取り除くことが重要です。吸入は、蒸気と温かい空気によって十分に助けられる。豊富な飲み物、マスタードの足湯を妨げないでください。

狭心症の治療は医師のみが行う。原則として、抗生物質および定期的なすすぎの受け入れを伴う。健康に大きな被害を与えないように、スケジュールを守ることが重要です。

咽喉の真菌性疾患の治療は、抗真菌剤(クリーム、軟膏)の使用、ならびに全身作用の錠剤の治療に有用である。真菌の処理は、実験室試験および酵母様真菌の存在の確認後にのみ進行する。

予防

喉の病気を防ぐために、予防措置を実施する。これを行うには、ドラフトを避け、適時に部屋を換気するだけで十分です。鼻腔を洗浄し、生理食塩水でうがいをするのは1日に数回行うのがよい。あなたが必要とする病気の最初の症状:

  • 喫煙しないでください。
  • 可能な限り話すことはほとんどありません。
  • リラックスする;
  • 多くの水と暖かい飲み物を消費する。
  • 医師に相談してください。

そのような予防措置は、病気を予防し、合併症の発症を止めるのに役立ちます。