子供を食べた後の嘔吐とその原因

健康

子供の嘔吐の原因は非常に異なる場合があります。 最も一般的な原因は胃腸管の病理です。子供が非常に小さい場合、嘔吐は逆流を伴うことがあるので、それが何であるかを言うことは非常に困難です。これは、食べ物に対する過食または不耐性によるものかもしれません。これがめったに繰り返されない場合、介入は必要ありません。

第2の原因は、しばしば嘔吐を引き起こす子供には、腸の感染症や、単に食べ物に不耐性があるかもしれません。まつ毛で嘔吐が起こる場合は、年齢によって抗ヒスタミン剤(胃が完全に空になった後)を投与する必要があります。この段階では、子供のさらなる栄養について小児科医に相談することをお勧めします。一般に、感染が重症でない場合、特別な治療は必要ないと考えられている。あなたはただ胃と腸が毒素を取り除くようにする必要がありますが、同時に主なものは豊富な飲み物を与えることです。嘔吐が止まらず、子供が体重を減らし始める場合は、医者に連絡する必要があります。さらに、嘔吐が高熱を伴った場合には医師に連絡する必要があります。幼児では、この状態は緊急の入院を必要とすることがある。これは、両親自身が失われた液体を補うことができないという事実のためです。これは、ドロッパーの助けを借りてのみ行うことができます。必要であれば、抗菌薬もまた点滴器に導入される。

小児の食事後の嘔吐は、解剖学的食道の開存性の侵害または別の方法で幽門狭窄症によって引き起こされる可能性がある。このような問題は、外科的介入によってのみ解決することができる。

幽門狭窄と同様の別の状態があり、これは幽門痙攣と呼ばれる。この変種は、中途半端に生まれた子供、および中枢神経系を成熟させる時間がない子供で最もよく観察される。またはこのシステムを持っている子供たちは、出産または妊娠中に傷ついた。この場合、治療は神経科医によって行われるべきである。

子供を食べた後に嘔吐することもできますは、疾患または脳の外傷によって引き起こされる。この場合、嘔吐がより容易になることはなく、通常は胃腸の不調の場合と同様である。

4-5歳の子供で食べた後の嘔吐子供の絶対的な健康の背景に対して突然開始することができます。このような嘔吐は、ケトン体の子供の脳の形成および作用と関連している可能性がある。しばしば、嘔吐は大量の脂肪の消費の結果であり得る。例えば、子供がクリーム、アイスクリーム、バター、その他の脂肪をたくさん食べるとします。したがって、膵臓はすべての脂肪を完全に消化することはできません。子どものケトン体は、太った子供が体重を急激に減らすことを決定したときにも現れることがあります。体が必要な量の栄養素を受け取れなくなると、脂肪が燃焼してケトン体と嘔吐が起こります。

おそらく多くの人が嘔吐の発見になるでしょう子供を食べた後、神経心理学的性質を持つことができます。様々な刺激に対して同様の反応が起こる。例えば、幼児の場合、そのような刺激は親の離脱または見知らぬ人の出現である可能性がある。年長の子供にとっては、これは何かの恐怖や気が利いていることが憧れています(時には子供はそれが何であるかを知らないことさえあります)。このような状況では、小児神経科医、時には子供の心理療法士から助けを求める必要があります。

まとめてみましょう: あなたの子供が食べた後に嘔吐するようになった場合は、急いで医者に連れて行ってはいけません。これが一度起これば、子供はちょうど何か間違って食べたかもしれません。嘔吐が再発する場合は、小児科医または他の専門家に相談して、嘔吐の真の性質を調べる方が良いでしょう。