心電図のデコードは、最も信頼できる診断方法です

健康

心電図は特別な装置で印刷される映画や紙にグラフは心臓の活動を示しています。すべての心疾患は心電図と診断されます。あなたは以前に転送され、動脈瘤や心臓攻撃を識別し、血液の導電率の遮断は、心臓組織低酸素症のいずれかを学び、判断するために減速し、循環器系、心臓のリズムの規則性と周波数の仕事を観察するためにそれを使用することができます。

さらに、心電図の復号は、心臓の収縮速度(脈拍)を決定する。成人の健康な心臓の基準は、毎分60-80ビートです。これにより、フリッカやフラッタなどの現象を識別することが可能となる。フリッカーでは、パルスは毎分600ビート、フラッターは400パルスに達することができます。

心電図のデコード
ECGの原理は、心電計体全体を通して心臓から通過する電圧線が記録される。これらの波のパラメータは、心臓の状態を特徴付ける。あらゆる振動と同様に、心血管波は振幅および振幅を有し、心電図の復号化は、これらのパラメータに従って、心筋の緩和および緊張の周期性および強度が計算されるという事実に帰着する。これらのデータによれば、患者は診断される。心臓の心臓図は、特定の筋肉が圧迫されたときにピークを有し、最小振幅は、それが緩和されるときである。

ECG上にラテン文字の形で表記を入れるのが通例であるので、心電図の解読はよりアクセスしやすく簡単になる。これらの文字に割り当てられた値を考慮してください。

心臓解読の心電図
P - 心房の状態を決定する。

PQは、両方の心房が緊張している瞬間を示す間隔である。

QRS - これらの略語は、心臓の心室の仕事を示す心電図の断片を示す。

Q - 心臓の上部葉の活動レベルを決定します。

R - 心室の外側部分および心臓の下部分の活性を示す。

ST - の主な指標の1つ心電図。それは心臓の両方の心室の活動を明らかにする。専門家は、心臓の筋肉組織の細胞が正常な状態にあることを示すインジケータTに特に注意を払う。診断が行われるのはECGのこの特性上である。

心臓の心電図
PとQとの間のギャップは、時間間隔心房から心室への活動(すなわち、エネルギー、強さ)の伝達。健康な心臓では、0.12-0.1秒でなければなりません。そして、QRSピークは、0.06〜0.1秒の時間間隔の間に通過しなければならない。このインジケータはまた、心筋梗塞を構築する。

上記では、最も基本的なもの心臓の心電図を有する特徴。彼女の専門家による解読は、より具体的でより深いパラメータ(心臓の各筋肉、弁、血管に対して別々に)の使用を意味する。これにより、病気のより正確な診断を行うことができます。

最終的なトランスクリプト心電図は専門医のみが行うべきである。医学の分野で知識を持っていても、医者でなくても、心臓の働きの表面的な画像しかECGで見ることはできません。最終的な診断を入れ、治療を処方することは、心臓病学者だけができます!