準備 "ケルティカン":使用の指示、適応

健康

この記事では、「ケルティカン」のような薬を構成するものについて説明します。この薬の使用、類似体、特性およびレビューのための使用説明書は以下に記載されている。

keltikanユーザーズマニュアル

製剤の形態、包装、組成

薬物の典型的な放出の形態ケルティカン?使用説明書は、この医薬品が硬いカプセルの形で作られていることを論評しています。硬カプセルは、ブリスターに包装されて段ボール箱に入れられています。

この薬の組成にはシチジン-5ナトリウム一リン酸塩、ウリジン-5-ナトリウム二リン酸塩、ウリジン-5三ナトリウム三リン酸塩、およびウリジン5ナトリウム一リン酸塩などの成分を含む。さらに、問題の薬剤は、コロイド状二酸化ケイ素、クエン酸(一水和物)、マンニトール(E421)、ステアリン酸マグネシウムおよびステアリン酸ナトリウムを含む。

カプセルシェルに関しては、それは酸化鉄(E172)、ゼラチン、二酸化チタン(E171)およびインジゴ(E132)からなる。

医薬品の特徴

ケルティカンカプセルの性質は何ですか?この組み合わせは、シチジンモノホスフェートおよびウリジンモノホスフェート(ヒトの体内に存在する)などのヌクレオチドからなることが報告されている。多くの理由により、この薬物の薬物動態学的研究は不可能であることに特に留意すべきである。

"Keltikan"投薬はどのように機能しますか?使用説明書によれば、この薬剤は、モノサッカライドがホスファチジン酸と結合してミエリン鞘を形成するのに必須のリン酸基、ならびにケラミンを神経膜に形成する人体を提供することができる。

薬物の効果の同様のスキームは、栄養効果(安定)。さらに、それは軸索神経線維のより良い成熟および回復を促進する。この影響により、炎症過程が減少し、損傷部位の感度が正常になる。

錠剤の使用に関するケルティカンの指示

投薬の適応症

ケルティカン製剤の用途は何ですか?アプリケーション上の注意事項は、薬物が積極的に骨、関節(腰痛、坐骨神経痛)、代謝(アルコール性または糖尿病性神経障害)、感染(帯状疱疹)起源を持つ神経障害の治療のために使用されていると主張しています。

また、三叉神経、顔面神経、腰痛および肋間神経痛の炎症のために使用される手段が考慮される。

投薬禁忌

いつ私は使用しないでください薬 "ケルティカン"?使用法(この名前の錠剤は製造していない)は、この治療法が薬物の要素に対する感受性を高めた場合にのみ処方することはできないと報告している。

医薬品の使用方法

ケルティカンカプセルはどのように取るべきですか?使用法は、この救済策は食物の消費にかかわらず、内向きにのみ規定されていると主張している。

この薬の推奨用量は1日3回(大人用)です。

使用レビューのためのKeltikanの指示

副作用

投薬に付随する指示書では、副作用は記載されていない。しかし、専門医は、この薬を自分の裁量で服用することは推奨しません。それは経験豊富な専門家によってのみ規定されるべきである。

妊娠、泌乳

私はKeltikanを授乳中の果物や授乳中に?このような状況下での指示に従って、この治療法は母親と赤ちゃんの利益とリスクを徹底的に評価した後にのみ使用されます。この事実は、今日の授乳中および妊娠中の女性の薬物安全性に関する情報がないという事実に起因する。

他の薬剤との相互作用および過剰摂取の場合

この薬物の薬物相互作用について指示は何も言わない。過量投与に関しては、薬の毒性が低いことを考慮に入れて、時々大量の摂取をしても中毒の確率はかなり低い。

この治療薬を過剰投与する場合は、対症療法を推奨します。

特別おすすめ

腎機能障害のある人、消化器系の障害を持つ人は、食品だけで薬を使用することをお勧めします。

この投薬は、患者の車両運転能力に影響を与えません。

アナログとレビュー

カプセルを交換する「ケルティカン」には、「メレプシン」、「テバンチン」、「アクサモン」などの薬を投与することができます。

アナログを使用するためのkeltikan命令

患者のフィードバックによると、このツールは非常に効果的です。彼のおかげで、あなたはあらゆる起源の神経障害を治すことができます。