上部眼窩隙の症候群:症状、診断、治療

健康

上部声門の症候群は痛い眼の病理はかなりまれな病気です。この疾患には、顕著な不快感だけでなく、多くの神経学的症状、特に脳神経の機能不全が伴う。上軌道隙間のシンドロームを構成するものが何であるかを考えてみましょう。写真は、病理の一般的なイメージを理解することができます。

病気の症状は何ですか?

上部腺性裂溝症候群
上部軌道隙間の症候群は、目の静脈および動脈を通過する組織の構造への損傷。場合によっては、病理学的変化がブロック、眼球運動および神経を逸らす神経に影響を及ぼすことがある。これらの徴候の組み合わせは、軌道における安定した疼痛症候群の形成に反映される。結局、ビジョンに重大な問題があります。

上部眼窩隙の症候群:原因

シンドロームの発症メカニズムは今日まで完全には研究されていない。生成できることは唯一知られています:

  • 神経病変;
  • 目の軌道に対する機械的損傷;
  • 軌道近くに位置する脳腫瘍;
  • 大脳皮質の構造における炎症過程;
  • 眼窩裂の領域で発生する髄膜炎。

上部眼窩隙の症候群は、母集団の雌および雄の部分の両方に等しく影響を及ぼす。特に、病気は老人の人に発生します。

上部眼窩隙の症候群:症状

上部カニューレ焦点症候群
しばしば、この疾患の徴候が起こる前提条件なしに、迅速に。病気の発症を判断することは、眼球の後ろの領域で重度の不快感が原因である可能性があります。この場合の追加の症状は、しばしば、眉間、側頭または正面の痛みに痛みを感じます。

活性化の数週間後上記の臨床症状は、複視の感覚、眼球の1つを制御することができないことを追加する。時間の経過と共に、このすべてが、不快感が最も明白に現れる側の覗き込みに成長します。

しばしば、上部球亀裂の症候群別々の組み合わせで様々な視神経の敗北によって表される。この理由のために、いくつかの患者は結膜炎を延長している場合があり、他の場合には眼球炎である。

通常、疼痛症候群は完全に持続するこの病気の臨床像の発現は約2ヶ月かかる。いくつかの症例では、症状は体温の急激な上昇、連続血液検査中の指標の原因不明の変化によって補われる。

診断

上部声門症候群の症状
シンドロームの特定を目的とした研究上部グロッシーのギャップは、多面的な性格を持っています。病気の発症に関する最初の疑惑で、眼科医の相談に頼る。専門医は、鋭敏さと視野の診断を行います。その後、患者は、異常を収集し、包括的な検査を行う神経科医に送られる。

フォローアップ診断は、神経画像。脳MRIやCTスキャン、超音波や血管造影軌道眼球にあり頼ってきました。唯一の磁気共鳴イメージングによる海綿静脈洞の肉芽腫性炎症の識別場合が存在する可能性症候群優れ軌道亀裂を判断する決定的な診断に適用要件に応じ。

治療

上眼亀裂症候群写真
今日まで、唯一の生産性上部眼窩隙間の症候群の発症のための治療法は、ステロイドの受容である。そのような投薬による陽性結果は、初日にすでに観察されている。

この病理の発達により、医師問題を研究し、コルチコステロイドの十分高い有効性に注意してください。通常、患者はプレドニゾロンを錠剤または類似体で処方される。

一般に、専門家にとってはむしろ困難です本当に有効な薬物を同定することを可能にするであろう被験体のサンプルに対してプラセボを用いた非制御の試験である。その理由は、この疾患の相対的な希少性です。

最後に、

シンドロームを排除することを目的とした療法は、まず、病理の兆候を引き起こす要因の決定を前提としています。したがって、病気の最初の症状および付随する症状を特定する際には、一連の診断手技のために眼科医に直ちに助けを求めることが極めて重要である。