医薬品製剤バイオパック - アナログ

健康

エアロゾル "Bioparox" - 抗炎症および抗菌活性を有する。 「Bioparox」という薬は、その類似体を予防目的で使用することができます。この薬剤は、グラム陽性およびグラム陰性の好気性細菌、マイコプラズマ、カンジダ属菌などの様々な病原体に有害な作用を及ぼす。

他の薬と同様に、Bioparoxは使用の兆候。この抗生物質は、上気道に関連する様々な炎症過程の治療に使用することが推奨される。

それは、成人と10代の若者、および高齢者。治療中、1日4回、薬物は口(4回注射)または鼻(2回の鼻孔あたり)に注射しなければならない。このツールを使いやすくするためには、特別なノズルを使用する必要があります。

特別なノズルのおかげで、その類似品である薬用調製物 "バイオパックス"は、非常に使い勝手が良い。 薬を使用する前に、ノズルを4回押す必要があります。これは、分配機構が医療用製剤で満たされるように行われる。すべてのノズルの色が異なります。白いノズルは口のためのものであることを覚えておく必要があります。黄色のノズルは鼻に使用され、透明なものは子供の治療に使用されます。必要なノズルを選んだら、医学的製剤「Bioparox」が入ったボトルに取り付ける必要があります。

ツール "Bioparox"(そのアナログ)を使用することに決めた場合、 鼻を通って、まず第一に、薬を塗布する前に洞をきれいにする。薬を入れたボトルは、2本の指(人差し指と大きな指)で垂直に保持することをお勧めします。適切なノズルを鼻孔に挿入し、バイアルの底部を押すことによって注射を行う。喉の灌流に薬物を使用する場合、ノズルを口に挿入し、唇をしっかりと圧縮する必要がある。軽い動きで、缶の底を押して注射します。

この薬を使用することをおすすめしません。その成分に対する過敏症。長い時間、7日以上、 "Bioparox"(その類似体)を使用すると、重感染症が発生する可能性があります。 妊娠中は、注意深く治療する必要があります。

薬学的調製 «Bioparox» - 組成

薬「Bioparox」の主成分は抗生物質fusafunginです。今まで、授乳中にこの物質が授乳中の母親の母乳に入るか否かは確立されていない。

2.5歳未満の子供には「Bioparox」という薬を使用しないでください(そうでなければ喉頭痙攣が起こる可能性があります)。

この薬はその使用を妨げない 精神運動反応に影響を与えることはできません車を運転する能力。この薬の適用中に、異なるメカニズムで作業することができます。抗生物質の長期使用後に、疾患の症状が消えない場合は、医師に相談して別の薬剤を処方する必要があります。

薬物「Bioparox」の使用に対する禁忌には、アレルギー反応の高い素因が含まれる。 時にはこの抗生物質の使用中に口や鼻の乾燥、吐き気、鼻や喉の刺痛、咳が発生したり、口の不快な味が出ることがあります。このような副作用が見られる場合は、薬物の使用を中止しないでください。すぐに離れる傾向があります。この薬に同じアレルギーがあるときは、逆にその使用を廃止する必要があります。この薬剤による治療は、支持的かつ症候性であるべきである。

他のエアロゾルがこの薬剤の代わりに使用できる鼻腔および喉の灌流。しかし、現在までのところ、 "Bioparox"製剤の場合、有効性の点でそれ以下ではない完全なものはまだ存在していない。