胃腸炎(腸またはロタウイルス感染症)

健康

胃腸炎(腸内インフルエンザ) 感染症である病気の冒頭に呼吸器症候群と腸症候群が併発していることが特徴です。感染性物質 - レオウイルス科ウイルス。それらは2年までの間その特性を保持し、ホルマリンと酸に鈍感であり、一般に様々な外的影響に対して非常に耐性がある。

腸管インフルエンザの原因物質は、水、食物(特に乳製品)、接触式家庭の方法で便通経路によって伝達される。

インフルエンザの腸:原因. この病気には多くの原因があります。 主なものは、胃腸炎だけでなく、他の多くの腸の病気を引き起こすウイルスや細菌です。原則として、寄生虫は水域の未開発国に住んでいます。あなたが海を越えてどこかにリラックスしたいと思っている観光客の中にいるなら、通常の飲料水を手に入れましょう。

腸内インフルエンザ、その潜伏期間1~2日続く頭痛、食欲不振、全身衰弱、腹部、下痢、嘔吐、明るい黄色の椅子に腹部、痛みや他の不快感でゴロゴロ、時にはリンパ節の腫れなどの症状を開発しています。上気道腸インフルエンザは、のどや鼻づまりのわずかな咳、不快感を伴うことがあります。胃腸炎で稀と曖昧な症状 - フィーバー。その不在では、患者はまだ震えがあります。

より重い形態の胃腸炎吐き気、めまい、口渇、肌の弾力低下を特徴とする。このような症状の場合、薬を真剣に服用するべきです。

インフルエンザ腸管:合併症。 すべての子供が達成することに注意してください5歳児は腸管インフルエンザに耐え、その免疫力はこの病気に対してより抵抗性になる。成人では、この疾患は容易であり、時には無症候性でもあるが、健康を誇ることができない人では、ロタウイルス感染は心血管障害の発症に寄与し得る。死のケースがあった。

インフルエンザの腸:治療。 現時点では自然界にはロタウイルス感染症と特異的に戦うことを目的とした特別な薬剤であるため、一般的な方法で治療が行われます。従って、特定の疾患は治療されないが、その症状は治療される。最初に行うことは、特に子供にとって、非常に危険な脱水を防ぐことです。この目的のために、生理食塩水が使用され、静脈内投与される。収斂して吸収する物質(活性炭)を取る必要があります。

インフルエンザ腸管:ダイエット、予防。直面している人々の第一号この病気: "あなたは腸インフルエンザで何を食べることができますか?"この病気の治療には、ほとんど常に厳しい食生活が伴います。患者は、乳製品を拒否しながら、水、さまざまなコンポートのお粥を食べる必要があります。質の高い食べ物が優先されるべきである。食べる前に好ましくない疫学的状況が発生した場合は、3%酢酸溶液で10分間のフルーツと野菜の浸漬をお勧めします。

予防目的のために、専門家はすべての衛生規則を厳守してください。特に、これは季節のビーチシーズンに適用され、組み合わせて腸内感染のピーク活動である。入浴中に水を飲み込まないでください。感染の原因となるのは細菌に含まれているためです。あなただけがあなたの健康に責任を負うので、注意してください!