Bioparoxを母乳育児に適用することはできますか?

健康

炎症性疾患に対する有効な治療法気道の病気は、薬 "Bioparox"です。授乳中は、子供が牛乳で体に入ったときに悪影響を及ぼす可能性があるため、授乳中は使用することをお勧めしません。この薬剤が血液に吸収されないという製造業者の主張にもかかわらず、授乳中の母親についての臨床研究は行われていないので、この薬剤を服用しているときに母乳を授乳しないほうがよい。

バイオパロックス製剤
もしも "Bioparox"という薬が母乳育児が推奨され、私の母が病気になっていませんか?治療中に粉ミルクを養う必要があります。したがって、そうでない場合がなくなっすることができますので、牛乳を表現する必要があります。ミルクの量は、女性は子供が定期的にデカントするために彼の非常に重要なの吸うどのくらいに依存するという事実によります。

泌乳を伴うバイオパロクス

給餌中の薬「Bioparox」胸が使用されていない、1週間以内に授乳中の休憩をする必要があります。この期間中に母親がミルクを正確に表現すると、その量に問題はありません。心配する必要はありません。一旦、 "Bioparox"という薬の服用をやめると、授乳中に牛乳の量が急速に増えます。

授乳中は、いくつかの抗生物質、そして特別な場合に。ここでは非常に慎重でなければなりません。さらに、この期間中は、人工授乳を赤ちゃん専用に使用することが非常に重要です。覚えておいてください:治療コースは、医師のみが処方しなければなりません.1週間半を超えないことが望ましいです。さもなければ、粘膜、それらの微生物叢を乱すことが可能である。病気の合併症の結果として細菌感染の形で現れた場合、「Bioparox」という薬を授乳に処方することができます。穏やかな形の風邪は、赤ちゃんに害を及ぼさないが、抗生物質ではないリンス、ハーブチンキ剤で治療する必要があります。アパートの清潔さを忘れないでください:部屋を換気し、濡れた掃除をしてください。

授乳中のバイオパロクス

もちろん、 "Bioparox"製剤は非常に効果的ですが、しかし、母乳育児の場合には、その使用について医師に相談する価値があります。この薬は局所的に作用します。口蓋扁桃や喉頭炎の炎症などの病気のために推奨され、咽頭炎はすぐに感染を止める効果的な治療法です。この病気のリストには、鼻炎および副鼻腔炎、ならびに前頭炎が加えられるべきである。

効果的な局所効果のために感染症の感染因子はさらに拡散することができず、合併症がないことを意味する。あなた自身の治療の用量と期間を選択しないでください。医師に相談してください。特定の症例で局所抗生物質を処方することが可能かどうかを判断します。そうでないと十分ではありません。治療のコースにも同じことが当てはまります。専門医は、その期間を決定するだけでなく、必要に応じて他の抗生物質への移行を検討します。