結果と症状。そのような場合に何をすべきか?

健康

キノコを集めたら、覚えておく必要がありますいくつかの症状を区別する。短期および突然の胃障害では、さまざまな種のキノコを中毒することが最も頻繁に現れます。しかし、そのような比較的容易な瞬間とともに、致命的な結果をもたらす事態まで、かなり重大な結果をもたらす事故が知られている。

あなた自身を毒殺し、そのような過剰を避けるために未知の種のキノコを収穫するためには、料理のルールに従い真剣に取り組む必要があります。彼らが似ている中毒の症状である毒性真菌は、しばしばロシアの森林に出くわすので、中毒の過程がどのように起こっているかについての情報は決して干渉しません。

良い兆候は、最初のこの製品を摂取した直後に症状が現れます。キノコの中毒が嘔吐過程を伴う場合、人が無意識に服用した毒の主な投与は体を出て、早期回復に寄与する。逆に、しばらくして毒の作用が現れれば、それは十分に深く血液に浸透しています。時機を得た適格な医療がない場合、悲惨な結果が生じる可能性が非常に高い。

異なる症状。深刻な結果を伴う真菌による中毒。

キノコの中で最も高い危険性薄いツバキを表し、アザラシの白い臭いを放ち、また単にアガリックな白を飛ぶ。薄いタバコは、しばしばシャンピーニン、ロスキュラ、グリーンなどの食用キノコと混同されます。人を救うためにこのようなキノコを食べた後は非常に困難です。最も現代的な医療手段を使用しても、医者は彼らが助けることを保証するものではありません。これらの真菌の危険性は、中毒の最初の徴候の現れがすぐには起こらないという事実にある。潜伏期間は摂取後6時間から20時間の範囲である。

これらの3つのタイプの真菌は、2つ以上のタイプ毒物ではなく、一度に10種類異なる。嘔吐、けいれん、水様の下痢が最初の症状です。この種の真菌による中毒は、血液循環の侵害を引き起こす。しかし、最も危険なのは、人の状態の想像上の改善と正常化です。次に、心筋、肝臓、および腎不全の破壊の原因である最も強力で危険な毒が作用し始める第2段階があります。そのような中毒はしばしば死に至る。

他に働くキノコもありますしたがって、症状も異なる。キノコによるこの種の中毒は、長い間不可能と考えられてきました。子豚は薄く、その風味の質は白い真菌よりも優れており、食品に長い間使われていましたが、料理の唯一の条件は長時間の熱処理でした。今日まで、この種は毒性があり、正確かつ長期間の熱処理後でさえ、中毒の可能性が高いことが証明されている。この真菌には通常の意味での毒は含まれていませんが、人体内での抗体の形成に寄与する物質はまだ十分に研究されていません。これらの抗体は、ブタの新しい部分が利用可能になると蓄積する。赤血球に作用し、赤血球を分解し、ヘモグロビンを取り除きます。結果として、黄疸または貧血が発症する。

きのこで中毒をするとどうしたらいいですか? できるだけ早く胃をすすぎ、犠牲者を医者に届けなければなりません。被害者が被毒された真菌のサンプルを用意することをお勧めします。これは、医師が治療方法を正しく決定できるようにするために必要です。あなたは物事を自分で行かせ、それがそれだけで消えるのを待つべきではありません。