消化不良による食中毒の症状と治療は何ですか?

健康

しばしば食中毒は消化不良と混同される胃。しかし、最初のケースでは不意にケアしている倦怠感が死につながり、2番目のケースでは不安と健康を悪化させるだけなので、それらの違いは甚大です。食中毒の症状および治療は、通常の胃腸障害とは大きく異なる。

あなた自身のために裁判官

食中毒の症状と治療
違いは、消化不良が最も多いことです中毒は製品の悪用に起因し、中毒は毒や毒素が体内に摂取された結果です。最初のケースでは、食べ物は消化されていないか、消化不良ではありません。たとえば、祝宴であまりにも多くの胃があふれているためです。しかし、2番目のケースでは、すべてがそれほどシンプルではありません - ここでは人生と健康に危険があります。それにもかかわらず、食中毒と消化不良の症状と治療はしばしば混乱し、医師が患者を救う時間がない極端な状況を引き起こします。

なぜ消化不良が起こるのか

食べた食べ物はよく混ざらないその間にたとえば、塩漬けのキュウリ、新鮮な果物と塩漬けの脂肪をミルクで洗い流すことはできないと考えられます。下痢は保証されています。しかし、村の子供たちがミルクのミルクを飲む前に彼らが食べたものを追跡することは可能でしょうか?はい、成人は時々鉄の健康を持っていると自慢しています。

食中毒の場合

障害が発生する可能性があります、魚のケーキや焼きたてのパンを(ただ、暑さから削除します)。揚げた、非常に脂っこい、燻製や辛い食べ物は、胃や胸焼けに重苦しさと不安をもたらすことができます。しかし、これらの症状は容易ソーダ(胸焼け)、ディルブロス(下痢)を介して除去され、6時間の絶食または(鼓腸及び腹部の重力から)消化を促進する酵素を含む製剤。

食中毒の兆候

今、人生に危険があることを示す症状を考えてみましょう。一緒に、または別々に現れることがあります。これらは次のとおりです。

  1. 腹部の重度の痛み。
  2. 吐き気、嘔吐、下痢
  3. 寒気および/または発熱。
  4. 衰弱、めまい、意識消失。

患者の状態はそれに直接依存するが、どのくらい毒が体に入ったのか中毒が強くなればなるほど、悪化します。時々、兆候が恐怖を引き起こさないように見えるかもしれませんが、リスクゾーンでは次のことが心に留められます:

  • 妊娠中の女性や子供たち(彼らはキュウリにも毒をかけることができます)。
  • キノコを食べた人(特に森林)。
  • 前日をアルコール飲料と混合した人;
  • 医者を処方せずに薬を飲んだ人;
  • 自宅にペットを持っている人。

食中毒のための応急処置

深刻な病気の疑いが少しでもあなたは救急車を呼び出す必要があります。特に中毒の原因が分からない場合に備えて行うべきである。病院では、結果に応じて必要な検査を行い、治療を処方することができます。食中毒の症状や治療法を定義するのは医師だけです。自宅では、ほとんど不可能です。医者の到着前にあなたができることは、患者の胃を洗い流し、大量の水を飲むことです。この場合、不健康な人を食べるには、国家が安定するまで何もできません。すべての食中毒は病状を悪化させるだけです。この方法で、消化不良との主な違いは、図のヘルプ、ウイキョウチンキ、カモミール、ローズ、ゼリー、タブレット「グリシン」「mezim」、「ブラックカーボン」のように。N.特徴

予防

注意してください - 自分でも毒をかけることができますあなたが肥大した帽子を無視するならば、保存する。でも?もちろん、初期の果実や野菜:大根、キュウリ、スイカ、ナス、メロン。また、昨日半分食べたサラダ、特にマヨネーズで食べ物をカットすることはできません。昨日の脂肪で食べ物を温めたり、肉、脂肪、魚の揚げ物からフライパンに残して、発癌物質が身体に入り込まないようにしてください。

食中毒の兆候

考慮に入れる

重度の病気ではないと思わないかもしれません食中毒の症状と治療は、肝臓、胃、および内臓器官の他の病気に類似しているためです。しかし、常に寒さ、突然の弱さと温度が37.5度を超えると、救急車を呼び出す必要があると考えてください。特に子供が病気の場合、妊婦または高齢者。