薬「クデサン」。指示

健康

麻薬「クデサン」の指示は、抗酸化物質の性質を有する生物学的に活性な添加物。この薬剤は、ビタミンE(トコフェロール)とユビキノンの活性成分の複合作用により酸化還元プロセスを刺激することができます。後者は、フリーラジカルの負の効果を効果的に中和し、他の抗酸化物質の作用も活性化させる。

コエンザイムQ10(ユビキノン)の生産量の削減身体の防御、心機能や疲労の障害を弱める原因となっています。この要素は、アテローム性動脈硬化症の預金から血管を保護し、細胞の呼吸とATP合成に参加しています。

この指示書には、「クデサン」という薬が、アテローム性動脈硬化症、本態性高血圧、不整脈、伝導障害、冠状動脈性心疾患の治療において最も有効である。問題の薬物は、3歳から14歳までの小児の心筋症(発育)の進行を遅らせることができることにも留意されたい。

ビタミンEは、ユビホニンによってもたらされる治療効果を高める。

薬物「クデサン」(使用説明書にはこの情報が含まれています)の使用に関する適応症は以下の疾患です:

  • 神経性ジストニア、無力症、慢性疲労症候群;
  • 心不全、虚血性心疾患、本態性高血圧、アテローム性動脈硬化症;
  • 頻脈性不整脈、期外収縮、洞結節の重度の衰弱。

さらに、薬は処方されています免疫状態の安定化、身体の老化過程の予防および緩徐化、ならびに加齢に伴って起こる皮膚変化の複雑な処置を含む。それを使用して、内分泌系および神経系の病状を排除することも可能である。

麻薬「クデサン」の指示が推奨する1日に1回、食事とともに10〜12滴(液体にあらかじめ溶解している)を服用してください。この投薬量は、12歳に達した子供および成人患者に適用される。この製品は、ソリューションの形で使用することをお勧めします。

薬「クデサン」(子供用)もチュアブル錠の形で入手できます。それらは、3歳以上の小規模な患者を治療するために設計されています。最適な投薬量は個別に決定される。

3歳から7歳までの子供 - 1日1錠、7年後に2回投与を増やすことができます。

また、 "Forte Kudesan"(錠剤)も用意されています。彼は十代の若者と大人に一日一錠を処方されています。

医薬品による治療期間は1カ月以上でなければならない。この年に何度も治療を繰り返すことをお勧めします。

原則として、薬を摂取しても望ましくない効果は生じません。アレルギー反応は非常にまれです。

禁忌には患者の年齢が含まれる薬物を構成する物質に対する個々の過敏症と同様に、3年未満である。投薬は、子供の待機期間中に使用することが認められているが、それぞれの場合にそれを使用することの妥当性は、医師によって決定される。

不利な対話の事実他の薬との併用は修正されていません。また、この投薬による過剰摂取の可能性は最小である(このようなケースは記録されていない)ことにも留意されたい。

この薬の賞味期限は24ヶ月。直射日光の当たらない場所、気温25℃以下で保管してください。