子宮と卵巣の除去。

健康

子宮と卵巣の除去は極端に行われますすべての治療法が試みられたが、肯定的な結果は得られなかった。プロンプト手術は、子宮筋腫、脱出、子宮癌、子宮頸部または卵巣、膣出血、子宮内膜症、腺筋症などの原因を引き起こす可能性があります。多くの女性は子宮の除去後にうつ病になり、心臓病のリスクが上昇し、早期の卵巣不全が起こることがあります。特に女性と手術前に性的な問題がある場合は性行為に違反します。子宮と卵巣の除去は、性的欲求、体重増加、疲労の増加を完全に喪失させる可能性があります。あなたはまた、尿生殖器系に問題があるかもしれません。

卵巣は主臓器です性ホルモンを産生する。それらが除去されると、強制的な閉経が起こり、身体を部分的に回復させるために、生涯投与されるエストロゲンによるホルモン補充療法が処方される。しかし、ホルモンの自然生産は、もちろん、それは劣っています。

そのような除去の結果は、男性の睾丸を除去した結果と同等である。

もちろん、子宮や卵巣の除去は有害である体に影響を与えます。高齢の男性でさえ、卵巣は必要なホルモンを産生し続けるので、どんな女性にとっても重要な器官であり続けます。女性が子宮頸がんを取り除かれた場合、その結果もまた彼女の体に重大な障害を引き起こす。

しかし、このすべてから抽出することができます肯定的な結果。手術を受けた女性は、痛みや出血をなくし、永久的な月経を持続させます。以前、粘液性子宮をこすったときの効果は2〜3ヶ月間で十分であり、これは3〜4回行う必要があることを前提としていました。そして、これは女性のために痕跡がなくなりました。ほとんどの患者は、子宮および卵巣の除去が体重増加に有意に影響し得ることを恐れている。まれに起こる可能性があります。多くの女性は、不必要な妊娠を考えて絶えず苦しんでいます。今、手術後、性生活はより緩やかになり、パートナーは特別な違いを感じません。手術後の女性とオルガズムの問題を刺激する。性交渉中の感覚は以前と同じではないが、彼らは依然としてオルガズムの認識はちょっと違うということに留意すべきである。しかし、いずれにせよ、医師は、すべての女性が肯定的な変化を経験するわけではないことを警告している操作後の結果は異なる場合があります。子宮にポリープが発生しやすい女性がいます。

彼らは体と脚で構成され、ホルモン障害または子宮粘膜の炎症の結果として生じる。それらのほとんどは良性ですが、悪性の形成は除外されません。

多くの女性は、ポリープ。しかし、そのために月経周期が崩壊する場合があります。それは少しでも中断することなく長くすることができます。ポリープは、月経後5日目に最もよく見られます。ほとんどの場合、医師は直ちに子宮ポリープの除去を勧めます。しかし、子宮粘膜の掻爬と子宮頸管の粘膜を盲目的に行う場合には別の方法がある。しかし、そのような介入の結果としての成功は、患者の70%にすぎない。残りの30%はポリポーズ脚の一部です。その後、新しいポリープの成長を引き起こし、時間の経過とともにこれを除去する必要があります。

現代の方法は、切除鏡を用いたポリープの除去。この場合、完全に除去されます。そのデザインはかなり複雑です。いわゆる「ループ」および電流がその末端に存在することにより、根の下の形成を切断し、粘膜に加えて子宮の筋膜を捕捉することが可能になる。除去部位では、ポリープは決して成長しない。