咽頭炎は伝染性であるかどうか?病気の種類

健康

人生で一度でも私たち全員が喉を痛めたり病気だったりして病気になりました。 通常、私たちは疲れて疲れを訴え、ラズベリーと一緒にお茶を飲み、しばらく喉の声で話しました。しかし、それは症状が重要ではないので、私たちが学校、大学、または仕事に行くことを止めるものではありませんでした。そして、咽頭炎が伝染性であるかどうかは決して考えなかった。彼らはこの喉の痛みが "咽頭炎"と呼ばれることさえ知りませんでした。

定義

咽頭炎は伝染性であるか否か

咽頭炎 - くすぐりと一般的な不快感、咽頭の粘膜の急性または慢性炎症によって明らかと痛みを伴う伝染病。

解剖学的観点から、咽頭は3つの部門に分けられる:

- 上鼻咽頭;
- 中咽頭;
- 下の方が喉頭咽頭です。

したがって、病理学的過程を分割することができる同じ原則でもちろん、これはすべてかなり恣意的ですが、診断の策定は基本的に重要です。ウイルス性または細菌性の薬剤は、何がどこにあるかを実際には分からない。それらは拡散して気道の粘膜を汚染し、下方に移動する。組織の形態学的変化の存在は、臨床医に、いくつかの従来の機会を用いて、例えば急性鼻咽頭炎のような個々の病原性単位を決定する機会を与える。

原因

ヘルペス咽頭炎は伝染性ですか?

咽頭炎は伝染病ですが、それはまったくバクテリアやウイルスではなく、風邪や有毒な空気の恒例の吸入です。そして、すでに肺炎球菌、ブドウ球菌、ウイルスまたは真菌が粘膜の物理的または化学的損傷に加わる。多くの場合、炎症の焦点はすでに口腔内にあり、例えば、虫歯、口内炎、鼻炎または副鼻腔炎である。

咽頭炎の主な病原体はライノウイルスであり、コロナウイルス、アデノウイルス、インフルエンザおよびパラインフルエンザウイルスが挙げられる。ヘルペスウイルス、エンテロウイルス、コクサッキー、エプスタイン - バーウイルス、サイトメガロウイルスなどはまれです。ヘルペス咽頭炎は伝染性ですか?はい、確かです。しかし、臨床現場ではそれほど稀ではないので、心配する価値はありません。感染するためには、真剣な努力が必要です。

咽頭炎の種類

世界的には、咽頭炎の2つの形態が区別される: 急性および慢性。急性形態は、侵略因子(毒素、化学的活性物質、寒さ、熱、微生物および原生動物)が咽頭粘膜上でもたらされた後短時間後に発症する。慢性咽頭炎は、刺激が粘膜に十分に長く影響を及ぼす場合、急性形態の未完成治療の結果として、または独立した疾患として生じる。この形態は、悪化および寛解の段階の存在を提供する。

咽頭炎の最も一般的な形態は、それに加えて、萎縮性、顆粒性および混合性もある。顆粒膜咽頭炎は伝染性ですか?この質問に答えることは難しいです。おそらく、はい、造粒はある種の病原体によって引き起こされるためです。しかし、外国人同僚の研究に頼るのは困難です。なぜなら、彼らはこのような病院単位を持たず、咽頭炎はむしろ多数の喉の病気を結集する集団的概念であるからです。

症状

慢性咽頭炎は伝染性である

急性咽頭炎は伝染性であるか? 答えは絶対的に肯定的です。それは、汗、唾液の嚥下による痛み、乾燥、のどの不快感を特徴とする。一般的な症状の中には、亜炎症性の温度、衰弱、眠気、食欲不振、全身倦怠感などがあります。咽頭のリンパ様組織の炎症には、耳介の方向への照射痛が伴う。耳下腺および顎下リンパ節の触診は痛い。急性咽頭炎は、麻疹、紅斑熱、風疹の発現であり得る。

萎縮性咽頭炎は間伐によって特徴付けられる粘膜。それは乾燥して見え、粘液で覆われて容易に負傷する。その表面には、濃厚な血管が見える。肥大型では、リンパ組織の肥厚領域がまず目立つ。それらは、咽頭の後壁に混沌として位置する。さらに、口蓋および咽頭の扁桃腺の増加がある。

慢性咽頭炎に寄与する因子

粘膜からの特定の条件下で、およびまた、積極的な因子の特定の効果は、慢性咽頭炎を発症する。それは伝染性ですか?原則として、いいえ。これは、この病気の病因が細菌、ウイルスまたは真菌の病原体と関連していない可能性があるという事実による。しかし、慢性咽頭炎の前に急性過程がある場合、感染能力は保存されます。

慢性咽頭炎の出現を引き起こす要因のうち、

- 粘液性咽喉および消化管の構造の特徴;
- 引き金要因(ほこり、乾燥および冷気、化学薬品)の長期間の一定の影響;
- 口からの頻繁な呼吸。
- 喫煙;
- アレルギー。
- 内分泌病理;
- 低ビタミンA症;
- 心臓、肺または腎不全。

慢性型の咽頭炎については、特徴的ではない発熱および一般的な状態の著しい悪化ならびに不快な症状が含まれる。患者は、嚥下や咳ができない喉に塊があるように見えることを教えています。ところで、咳は頻繁で、乾燥しており、持続的です。これらの症状は、病気を刺激し、彼らの通常の活動を妨げる。

診断

顆粒膜咽頭炎は伝染性ですか?

具体的な手法は必要ありませんが、咽頭炎を診断する。病気が診断された後、患者は何日間病気になりますか?ほとんどの場合、他の感染症と同様に、咳が病原体の広がりを促進するため、カタラーレス現象が起こるまでは、

耳鼻咽喉科医は彼自身だけを使用する患者の特定の症状を特定するための経験。彼は口、咽頭および喉頭を検査し、リンパ節を触診し、咳を示すように求める。病原体を決定するために、粘液による掻爬が行われる。スライドガラスは細菌検査室に送られ、一連の検査後に、汚れや播種が医師がどの微生物が炎症を引き起こしたのかを知るはずです。

治療

咽頭炎感染症

治療前に、咽頭炎があるかどうかを判断する必要があります伝染かどうか?むしろ、そうだよ。すべてはそれを引き起こした理由に依存します。これが喫煙している場合、その人は社会に何の脅威ももたらさないが、突然ブドウ球菌や連鎖球菌になった場合、近くのすべての人々もすぐに病気になるという事実に備える必要がある。したがって、刺激因子を排除して治療を開始する必要があります。

更なる治療は、医師の監督下で行われる彼の提言に基づいています。患者には穏やかな食事が割り当てられているので、固形食品は粘液に害を与えません。注意散漫療法として、ホットフットバス、首の前面で圧縮し、温かい蒸気で吸入し、温かいソーダ溶液でうがいをする。 Catarrhal咽頭炎は、原則として、抗生物質の使用を必要としない。

必要に応じて、抗菌剤はリンス、吸入、詰め物、錠剤またはトローチ剤の形態で処方される。それらの主な要件は次のとおりです。

- 幅広い活動
- 毒性が低く、粘膜からの吸収速度が遅い。
- アレルギー反応がない。
- 薬は粘膜を刺激するべきではありません。

ほとんどの薬物は、錠剤またはトローチの形態で入手可能である。このフォームは適用しやすく、影響を受けた組織に正確に適用されます。

妊娠中の咽頭炎の治療

急性咽頭炎は伝染性である

妊娠は非常に繊細な状態ですが、どんな病気でも、母親と赤ちゃんの両方に不快感を与えます。複雑さは、ほとんど全ての製剤が治療に適さないという事実による。

したがって、医師ができることはすべて完全な平和を喉に提供する女性をお勧めします。つまり、生の食べ物を食べていないだけでなく、揚げた、塩辛く、スパイシーな、大声で大声で話をしないで、過冷却しないでください。定期的に塩とソーダ溶液でうがいをする必要があります。また、暖かい液体をほぼ常に飲む必要があります。それはあなたの味に紅茶やミルク、モースやコンポートをすることができます。

民間療法

咽頭炎は伝染性疾患である

医者がまだ置いたすべての変遷の後咽頭炎の診断。人が伝染病であるかどうかにかかわらず、あなたはまだ治療を受ける必要があります。伝統的な薬があなたの好みに合わない場合、今日は非伝統的な治療法のための多くの処方があります。通常、患者はこれらの2つの方法を組み合わせることができます。

伝統医学は、最も単純な咽頭炎を治療する方法は海水ですすぎます。あなたは好きなように、彼女の喉をすすぎ、または鼻咽頭洗浄をすることができます。この液体の殺菌特性は、炎症を減少させ、細菌を排除する。

体と薬草がよく知覚します。 入浴中にユーカリ油やタイムのチンキを加える。彼らは一般的な強化と温暖化効果を持っています。喉の炎症の最初の徴候では、スパイスのいくつかの芽を噛む必要があるというアドバイスがあります。主観的な状態が改善するまで、3〜4時間ごとにこれを行います。

予防

当然、病気を予防する方が良い続いて咽頭炎を治療する。伝染病であるかどうかは、病気であるが、自分の体を強化することは決して干渉しない。したがって、あなたは悪い習慣を取り除き、午前中に気質を取り戻す必要があります。 1日に少なくとも1回は、病室の微生物を取り除くために、湿った掃除を行うために、あなたが常にいる部屋を換気する必要があります。

咽頭粘膜の刺激を排除する食道と胃の内容は、就寝前に2時間食べたり飲んだりしないでください。ベッドの頭を上げることもできます。酸性の液体は喉に届きません。最後のヒント:歯ブラシを3ヶ月ごとに交換してください。その毛では粘膜にわずかな損傷を与えて炎症を引き起こす細菌を蓄積する。