肝硬変:薬と民間療法による治療。

健康

肝臓は、毒性及び有害物質は、人体が正常に機能しないことができずに多くの栄養素を、合成しました。アルコール、不健康な食事と生活様式の使用は肝炎を移し、ウイルス感染症 - 肝臓は様々な負の影響を受けやすいです。結果的にそれが様々な疾患の原因となることができます組織の完全性と機能性を破壊しました。

肝硬変は、異なる方法で発症することがあります疾患の程度およびその発生原因に依存している。骨、心臓血管、消化器、静脈、造血およびその他のシステムにおいて、健康の低下に影響を与える全身の重大な変化を引き起こす可能性があります。

肝硬変、治療

治療は、病気の程度およびその発生の原因を決定するのに役立つ、検査室検査、診断方法および他の処置を処方する医者を訪問することから始まる。

診断モニタリング方法には、超音波、コンピュータ断層撮影、蛍光透視、腹腔鏡検査。これらの手順は、影響を受ける肝組織の数を認識するのに役立ちます。検査室検査には、生化学的血液検査、完全尿検査などが含まれます。

検査の後、医師は、適切な治療。肝臓は毒素および有害物質を除去することができないので、肝硬変は合併症を引き起こす可能性がある。それは非常に肝臓の肝硬変の診断の存在下で、治療の病気の原因を見つけるために、それは肝機能を回復するために適切な薬を選択するのに役立ちます。

この疾患の治療は、投薬、民間療法、またはより複雑な場合には外科的介入(臓器移植)である。

「肝硬変」の診断に有効な技術 - 民間療法による治療。伝統的な医学は、病気の初期段階で、肝臓の粘膜を回復させるための薬とともに使用されています。したがって、アルコール、脂肪、および鋭い食物の使用を完全に排除するために、医者が任命する食事を保つことが必要である。

肝硬変、民間療法による治療

肝硬変を治療するには、さまざまなハーブを使い、養蜂製品、養蜂製品などがあります。組織内の炎症プロセスを軽減するため、または予防目的のために民間薬を使用することができます。

効果的なのは薬草ですハーブフルーツ、ペパーミントグラス、イラクサの葉、祖母、セランディーン、ミルクのシッスルなどがあります。これらの民俗救済策は、個別に使用するか、ブイヨン、輸液を調製することができます。

お勧めのハーブがたくさんあります伝統的な薬。最も一般的なのはミルクシッスルです。それは乾燥した細断された形で使用することができますか、またはすでに医療機関や薬局でチンキを購入して購入することができます。ミルクシスルには禁忌はなく、肝硬変を含む肝疾患に有効です。

この治療のための煎じ薬を準備する病気、あなたは草のセントジョンズの麦芽、セージ、カモミール、犬のバラ、ヤロウ、イラクサの葉が必要です。すべてのハーブは同じ部分で取られます。彼らは沸騰した水を注ぎ、1時間、涼しく、排水し、ウェルビーイングまで1日3回50gを服用しなければならない。

効果的なツールがありますハニー蜂蜜は1kg、オリーブオイルは200ml、ニンニクは3頭、レモンは3リットルです。レモンとニンニクは、肉挽き機で挽いたり粉砕したり、蜂蜜、レモン、オリーブオイルと混ぜます。この混合物は、冷蔵庫で2時間注入し、食事の前に1日3回(朝、午後、夕方)大さじ1杯を使用する。

ミルクシスルの治療には、1日3〜4回、乾燥粉末の半分を1ヶ月間服用しなければなりません。

適切かつ効果的な治療、執行医師の勧告、また食事療法によって、患者の命を延ばしたり、治癒させることさえ可能になります。自己投薬、性的欲求、または症状を伴わないでください。直ちに医師に相談してください!

ときに「肝硬変」治療の診断は、医師の監督下にあることやタブレットだけでなく、民間療法ではないだけを使用しなければなりません。