民間療法による咽喉の治療は、医師の処方との組み合わせで良い組み合わせです

健康

両側の喉の入り口と上部の金庫に私たちの体の警備員は空扁桃に位置しています。彼らは特別なリンパ様組織で構成され、招かれていないゲスト、すなわち様々な病原体から私たちを守ります。しかし、時には彼ら自身が攻撃され、炎症を起こします。これは狭心症です。したがって、狭心症および浮腫の炎症のすべての徴候、サイズの増加、扁桃腺および疼痛の発赤(充血)。場合によっては、汚れた灰色の斑または小さな膿疱(膿疱性卵胞)の表面上の膵島が形成される。狭心症は、嚥下時の喉の特徴的な痛みのために診断が容易です。そして診断の承認のためには、喉を見るために口を開けるだけで十分です - 扁桃腺がはっきりと見えます。アンギナは感染症を指し、医師の監督下で抗生物質療法が必要です。

扁桃腺は、薬は、彼らが、潤滑をすすぐために利用可能であり、狭心症民間療法の治療を含め、これを行うにはさまざまな方法が、あります。喉の炎症のプロセスが強く発現されておらず、発熱や豊富な襲撃を伴わず、わずかな痛みやわずかな発赤口がある場合、彼らは、特に(生物のために無害であることから遠く離れているので、また、それはその抗生可能と延期可能です子供)、そして狭心症の治療を使用することが人気です。

民間療法での痛みの治療で十分ですインターネットの医療トピックのページと専門の文献の両方で広くカバーされています。さらに、この疾患の広範な蔓延(狭心症は一生に一度、おそらくすべての人に病気であった)のために、ほとんどすべての家族に狭心症の自宅治療を記述する独自の「おばあちゃんの処方箋」があります。しかし、依然として、民間療法による狭心症の治療は、ほとんどの場合、民間レシピで言及されている同じ成分に基づいています。例えば、プロポリスが推奨される。成人はアルコールチンキに合っています:70%アルコール100mlに溶解したプロポリス30gを水で約半分に希釈したもの。得られたチンキの茶さじはできるだけ喉に残し、狭心症を狭心症ですすぐ。この手順は1日4回まで繰り返すことができます。しかし、プロポリスは、子供を含めて、1日に数回2-3グラムの量で単に噛むことができます。そのような製品だけが治癒効果を有するので、それが新鮮であることを確実にすることが必要である。民間療法による痛みの治療は、通常の生理食塩水(1杯の水が入っていないティースプーン1杯)の助けを借りて行うことができます。レモンの半分に新鮮な絞ったジュースを加えると良いでしょう。 1つのすすぎのために - 混合物の1つの杯。 1日に3〜4回繰り返すことができます。さらに、民間療法での痛みの治療には、炎症性の扁桃腺を潤滑する通常のヨウ素が含まれます。しかし、ここでは合理的な注意を払わなければなりません。第一に、ヨウ素はアレルギー反応であることがあり、第二に、1日2回以上のヨード潤滑を行うことは推奨されない。

お勧めのヒントをご紹介します狭心症や一般的な危険な妄想の人々の治療、その中で最初の場所は喉に灯油を塗ります。個人は油の蒸留のこの製品を抽出し、治療を試みることができます。それは絶対にしないでください!灯油はすべての石油製品と同様に有害物質であり、摂取すると特に子供の体内で中毒を引き起こす可能性があります。さらに、強力な刺激作用を有し、炎症過程を悪化させる可能性がある。また、息が完全に止まるまで、咽頭の筋肉の攣縮を引き起こす。

民間療法を施した咽喉炎の治療には、この救済策を使用する前に常に恩恵しかもたらさず、医師に相談する必要があります。