アシポール。使用方法

健康

人間の健康は彼の最も重要な要因です残念ながら、それはいつも完璧ではありません。医師の処方に頼る必要があり、重症の場合は抗生物質が処方されることが最も多い。彼らはすぐに人体に働きかけ、有害な微生物と戦うが、そのような状況では、消化器系が崩壊し、腸障害が生じ、食べるときに不快感が感じられる。それが抗生物質の経過を経た後、医師はしばしば腸内微生物叢を回復させる薬を処方するのです。

"アシポーラス"。アプリケーション

腸内微生物叢を回復させる最も有効な薬剤の1つは、Acipolである。その使用法は非常に簡単です。

急性腸疾患の治療コース5〜8日間続き、3ヵ月齢から服用することができます。最高3年 - 1カプセル(この場合、カプセルの内容物を抽出し、使用の便宜のために沸騰水で希釈する)を1日2〜3回、3年後〜1カプセル、1日3〜4回。

ジスバクテリウム症では、体重の遅延や慢性疾患の子供は、より長い治療コースが規定されています。

腸や胃の疾患の発症を防ぐために、「アシポール」は1日1カプセルを10〜15日間定期的に処方されています。

「アシポール」、使用説明書

「アシポール」は生きた乳酸菌を含み、腸の適切な機能に寄与する。それは予防(抗生物質の経過後)および消化器系の様々な疾患の治療のために処方される。

その使用の兆候は異なります:これは、胃腸炎(アレルギー性又は消化)、クローン病、膵臓脂肪便、過敏性腸症候群、消化不良、潰瘍性大腸炎、および消化器疾患のさらにいくつかの大腸炎が含まれます。

Acipolは妊娠中および授乳中の子供にも処方されています。女性であるが、この状況で医師に相談することなく薬物の独立した処方箋が不快な結果につながる可能性があることを考慮する価値がある。いずれの場合でも、妊娠中および授乳中のすべての女性は、薬剤の投与を開始する前に主治医(婦人科医またはセラピスト)と相談しなければなりません。

「アシポール」を服用した場合の副作用は明らかにされていないため、小児に最も適した薬剤と考えられています。

「アシポール」とは何ですか?"?"

詳細に使用するための説明Acipolusはプロバイオティクスのカテゴリーを指すと私たちに伝えています。しかし、これらのプロバイオティクスは正確に何であり、人体にとって何が良いのでしょうか?プロバイオティクスは、熱処理によって活性化されるケフィア菌とラクトバチルスの混合物である。

特に、「アシポール」(組成物)は、好酸性乳酸菌の混合物(株NK1、NK2、NK5、クズネツォフNK-12)は、この薬は、消化管の感染症の発生を引き起こすことができます微生物に対して抗菌活性を有します。

製剤中の抗菌効果が達成される外来細菌による腸内微生物叢の拮抗作用に起因する。同時にいくつかのバクテリアについては好都合な発生条件が作り出されるが、それは他のバクテリアの開発の障害となる。タイムリーな薬物の介入と身体の免疫レベルの上昇によりバランスがとれます。

「アシポール」(使用説明書)は許容される急性腸障害、ならびに子供のアレルギー性疾患に罹患する。それぞれの場合に薬剤の用量を計算するために、医師に相談してください。