喉の痛みからの錠剤:不快な症状を取り除くよりも

健康

おそらく感情を感じない人はいないでしょう喉の痛み。いくつかでは、この状態は容易に流れ、回復は速やかに起こった。他の人は痛みを伴う痛みに耐えなければならず、痛みのために薬を処方するために医師から助けを求めなければならなかった。

病気の主な原因喉の粘膜は、炎症を引き起こすウイルス、細菌および病原体、ならびに有害な生活条件である:悪い環境条件、大気汚染、喫煙である。

喉の痛みを引き起こす一般的な疾患は、扁桃炎および急性咽頭炎である。

狭心症では、病変はブドウ球菌および連鎖球菌の感染の結果として生じる。これは、扁桃腺の炎症および全身の中毒を引き起こす。

狭心症の症状は重要な38〜39℃までの温度上昇人は一般的な衰弱と健康状態の急激な悪化を経験する。病気にはしばしば頭痛、痛い痛み、腰痛が伴う。同時に、咽頭の痛みを伴う症状、鼻咽頭の悲しみおよび乾燥が始まる。痛みは首と耳に与える。顎下リンパ節が増加しています。
治療のためには、喉の痛み、一般および局所療法。投薬の目的は、狭心症の種類、患者の全身状態、疾患の重篤度に依存する。困難な場合には、入院治療が必要な場合があります。

主な薬剤は抗生物質である鉛筆:アモキシクラブ、オグメンチン、アモキシシリン。より良い有効性のために、治療は注射から始まり、その後、患者は薬、咽頭痛薬および他の薬剤に移される。

さらなる治療は、消費準備ストレプトシル、ネオアンイン、トレイシル、ストスタンギン。 septothete、pharyngosept、sebidineなどの効果を与える。彼らの任命は、抗生物質療法と組み合わせてのみ行われます。抗菌薬と一緒に抗ヒスタミン剤も使用されています。

急性咽頭炎

この病気は、ウイルスがウイルスに侵入した結果として始まります。上気道炎症の原因となる。咽頭炎は、一般的な倦怠感、咽頭痛、温度のわずかな上昇を特徴とする。

患者は発汗、乾燥、咽頭、喉の中等度の痛み。症状は、喉の痛みから飲むか、食べるか、または吸収することによって促進される。いくつかのケースでは、咽頭の後ろには咳を引き起こす過剰な粘液が含まれています。細菌感染の影響を受けて、粘液は小さな封入体を含む緑色の色調になる。視覚的に検査されると、喉は赤くなる。

急性咽頭炎の治療のために任命すすぎおよび灌漑に使用される消毒(消毒)抗炎症薬。さらに、喉の痛み(イムドン、ドクターママ)、トローチ、砂糖菓子から、患者の促進状態を使用する - 丸薬の口に再吸収する。

野菜の準備を書く: ロマズラン、カレンデュラのチンキ、オークの樹皮、セージの草などが含まれる。合成薬と同様に、ダイオキシン、フルシリンの溶液、すすぎに使用されます。顕著な効果はクロルヘキシジン、ミラミスチンおよびストレプトプルを与える。

病気の重症度と強度に応じて、1日に5〜10回、咽喉をすすぐ必要があります。

自己治療のために、異なる喉の痛みのためのレシピ。モミ、ユーカリ、ティーツリーの芳香油で吸入してください。治療では、すすぎおよび経口投与のための薬草の煎出および注入が用いられる。

喉の激しい痛みから、エアロゾルが助けます:アンチガンイン、コルスタン、バイオポロックスが最も強力な効果をもたらします。