「ヘリオマイシン軟膏」:記述、適用および類似体

健康

人は抗菌性を使用することに慣れています準備。それらがなければ、多くの病気は治癒不可能であり、致死的でもあります。抗生物質は異なる形態の放出を有する。注射、錠剤、カプセル、吸入器、地元製品の薬局で購入することができます。後者については後で説明します。特にHeliomycin Ointmentの使用方法について学びます。

ヘリオマイシン軟膏

説明と説明

「ヘリオマイシン軟膏」は、抗生物質および消毒剤。薬はチューブで入手できます。この薬剤はグラム陽性細菌に対して有効である。その助けを借りて、他の微生物も排除されます。この薬は1日2回まで使用されています。必要であれば、製品は包帯下または綿棒に塗布される。処置された創傷の閉鎖は、薬物の適用後20〜30分より早く行われてはならない。治療は1週間から2週間続きます。

「ヘリオマイシン軟膏」は、特別な目的。薬物の活性物質はヘリオマイシンである。この治療法は、外科手術、耳鼻咽喉科、外傷学、美容および他の医療分野で広く使用されています。その薬は抗生物質であるにもかかわらず、しばしば患者によって独立して使用される。 「Heliomycin軟膏」の準備について、どのような情報が含まれているかを検討してください。

ゲルイオマイシン軟膏

目的と限界:薬を助けるものは?

「ヘリオマイシン軟膏」は、ヘリオマイシンに感受性の微生物を防除するのに有効である。この薬物の使用は、以下の病状で正当化される:

  • 細菌起源の鼻炎;
  • 膿皮症および湿疹;
  • 潰瘍栄養および褥瘡;
  • アクネ尋常性ざ瘡および痙攣;
  • 授乳中の母親のひび割れした乳首には、化膿性の吐き気が伴う。
  • 新生児の天疱瘡;
  • 静脈瘤;
  • 軟組織および皮膚の長期治癒創傷

指示された薬物の使用説明書には、使用する禁忌が過敏症であることを示している。しかし、多くの医師は、妊娠中にも薬剤を使用することは推奨していません(第1妊娠)。

ヘリオマイシン軟膏類似体

「ヘリオマイシン軟膏」:製剤の類似体

今日まで、生産は行われていない絶対構造類似体。投薬はその組成において独特である。しかし、消費者は他の活性物質を有する代替物質を容易に入手することができる。この場合の「ヘリオマイシン軟膏」およびその類似体は同じ効果を有する。そのような薬物は、個々の特徴を考慮して、常に医師によって選択される。最後の価値はある種の病理を演ずるものではありません。

抗菌性軟膏を次の手段で交換することができます:

  • "Levomekol"。
  • 「スルファジン」。
  • Solcoseryl。
  • "Eplan"など。

多くの場合、薬物の代わりに、消費者"Ihtiolovoy"または "Vishnevsky"軟膏を入手してください。しかし、これらの薬剤は、上記の病理のいくつかに対処することができません。したがって、適切な治療法を選択するには、医師に相談する必要があります。健康に良い!