喉の痛みからの錠剤:名前。化膿性咽喉からの最高の丸薬

健康

アンギナ - 一般的だがむしろ重い不快な感覚をたくさん引き起こす病気です。高熱、激しい喉の痛み、不快感なし飲み込むと話をすることができない - などのプライマリディスプレイ疾患の重症度のすべての不快な症状、常に医学的治療を必要とします。特別な予定は、アカウント個々の特性および患者の状態を考慮して、もっぱら医師が発行されますが、いくつかのケース(医師への訪問が遅れたり、不可能とされた)で、独自のを持っている狭心症ために、錠剤をピックアップします。

2つの自然病

自己投薬を行う前に救助薬の選択のための薬局に行く、治療の主な方向を決定する。これを行うには、病気の原因を特定する必要があります。病気の原因は、ウイルスと細菌の両方である可能性があります。診断は、(扁桃または後壁からの)咽頭からの塗抹標本を用いて行われるが、特定の視覚的前提条件がある。したがって、この病気の細菌性により、以下の症状を区別することが一般的です。

  • 体温の上昇(38度以上から)
  • 他の疫病の徴候がない(例えば、咳)。
  • リンパ節の大きさと痛みを伴う感覚の拡大
  • 扁桃(膿の蓄積)に黄色または灰色の色合いのプラークの存在。

これらの症状をすべて祝う場合は、細菌性狭心症のピルが必要ですが、他の場合は抗ウィルス療法が必要です。

クインシーの副作用

治療の方向を決めたら、話しましょうこのためにどのような準備が必要ですか。まず第一に、病気の複合効果を受けることに留意すべきです。あなたの仕事 - 合併症を防ぐために、不快な症状、すなわち発熱と喉の痛みで激しい痛みを停止します。

正確には危険な狭心症とは何か?この病気は非常に伝染性が高く、人から人へ容易に伝染し、しばしば次のようなものを引き起こします。

  • 耳および鼻洞における感染の広がり;
  • リウマチ;
  • 腎臓病の発生;
  • 肺の膿の蓄積

咽喉と咽喉のための錠剤

狭心症の副作用

ウイルス性疾患はそうではないことに注意すべきである合併症を引き起こし、バクテリアを通過するのがずっと容易であるため、特別な治療を必要としません。この場合、扁桃炎(抗生物質)の錠剤を服用することを決定した場合、それらが多くの副作用を引き起こす可能性があるという事実にも注意してください。したがって、多くの薬物が便障害、嘔吐、およびアレルギー性皮膚発疹の出現につながる。加えて、これらの薬物は中毒性があり、必要に応じて、再使用は将来的には役に立たない可能性がある。

扁桃炎のための抗生物質

扁桃炎の錠剤:名前

どの薬を選択することをお勧めしますか治療?大人のための独自の薬物リストがあります。また、この潜在的で危険な病気に苦しんでいる子供のための独自のリストもあります。最初のケースでは、次のような医薬品から選択することをお勧めします:

  • "ペニシリン"。
  • "エリスロマイシン"。
  • "Augmentin"。
  • "Sumamed"。
  • "アモキシシリン"

子供のための同様のリストには、アモキシクラフ、シュプラク、オウメンテンなどの名前。効率の向上によって区別される最も頻繁に処方され使用される薬剤について別々に話す必要があります。

痛い喉のために何の薬

人気のある抗生物質

薬「アモキクラフ」が使用を許可された新生児(早産児、早産児など)を含む、あらゆる年齢の子供たち。このツールは非常に汎用性があり、治療や大人用に使用できます。患者の年齢および疾患の経過の重症度に応じて、レジメンおよび投薬量が規定され、その主な点は以下に示される:

  • 新生児 - 12時間後に1日2回、体重1kgあたり30mg以下。
  • 3ヶ月まで - 同じ投薬量で1日3回以上、8時間の休憩をとることができます。
  • 12歳未満の子供(3ヶ月から) - 必要に応じて1日3回、6時間ごとに(つまり1日4回)同じ投与量。
  • 体重が40キロの12歳から6〜8時間ごとに1.2グラムの人。薬物。

扁桃炎のためのもう一つの一般的な錠剤はアモキシシリンです。子供と大人の両方におすすめです。年齢層に応じて、薬を服用するための推奨事項が決まります。

  • 12ヵ月まで125mgを1日2回、100mgを1日3回。
  • 36ヶ月から10年 - 1日3回250g / 1日2回375mg。
  • 10歳から大人までの子供 - 8時間ごとに500mgまで/ 12時間ごとに750mgまで。

扁桃炎の名前の丸薬

ユニバーサル "スマメド"

しかし、多くの扁桃炎のための最良の丸薬まだ "Sumamed。"これは、幅広いアクションを持つツールです。活性物質はアジスロマイシンである。治療の全経過は5日であり、最初の陽性変化は2日目に起こる。この薬には、以下のような相対的禁忌がある。

  • 妊娠;
  • 泌乳期間;
  • 肝臓および腎臓の病理学。

"Sumamed"に基づく治療は子供たちに割り当てられ、しかし、それが特定の副作用を引き起こす可能性があることを忘れないでください。ほとんどの場合、胃腸管の違反、吐き気の嘔吐、それ自身の嘔吐そのものとして現れます。

喉の痛みに最適な薬

症状的な喉の治療

個別の詳細な説明には錠剤が必要です。咽喉と喉から。このような深刻な病気で鋭い痛みを緩和するためには、すべての薬ができません。それは、以下のような最も有効な薬物であると考えられている:

  • 様々な吸収性丸剤(「Strepsils」、"Septolete"、 "Faringosept")。彼らは防腐効果があり、扁桃腺に一様な効果があります。手段をとった後、それは2〜3時間飲酒またはうがいを禁じられています。
  • "Ingalipt" - 噴霧。 天然の抗菌および抗炎症効果。 1日4回以下でスプレーする必要があり、バルブを押し続ける時間は最大2秒であり、分泌された組成物は最大5分間口内に保持しようとするべきである。 「葬儀」の使用に対する禁忌は、幼児期であると考えられ、その構成要素の個々の不耐性も考慮されます。
  • "Stopangin" - 溶液(すすぎおよび処理、経口投与用ではない)。主な有効成分はヘキセチジンである。それは細菌を殺し、その活動によって引き起こされる炎症を緩和し、したがって、咽喉の痛みを軽減する。この薬は、天然エッセンシャルオイル、ユーカリ、メントール、ペパーミント、その他の有用な植物を大量に含んでいます。彼らは、影響を受けた粘液の回復を促進し、わずかな鎮痛効果を有する。
  • 扁桃炎と痛いための最適な丸薬喉の感覚 - "Lizobact"このツールは、安全性が向上した局所抗生物質のカテゴリーに属しています。 「Lizobakt」はかなり高価ですが、禁忌や副作用はほとんどなく、高品質です。
  • クラシック "フラシリン"。 錠剤で入手できますが、うがいや喉のための解決策を準備するのに使用されます。この組成物は安全であり、必要な頻度で使用することができる。飲み込むことを絶対に勧めていない解決策 "Furatsilina"を忘れないでください。
  • "Bioparox"特に、化膿性扁桃炎に適応する。それは局所的な抗生物質であり、炎症の点に直接影響し、細菌を殺す。
  • "Tantum Verde"。 錠剤やスプレーの形で提供され、3歳未満の子供には推奨されません。組成物の成分のうちの1つの不耐性の場合にアレルギー反応を誘発し得る。治療期間は連続して5日以内です。

今では、扁桃炎のどの薬がより一般的であるか知っています。すべての医師が患者を任命する。結論として、私は一度人気のある「Lugol Solution」という薬を思い出していきたいと思います。それは滅菌綿棒に適用され、炎症性の扁桃腺を治療するのに並行して機械的浄化を行うために使用されます。

化膿性扁桃炎のための丸薬

その他の推奨事項

化膿性扁桃炎のための薬もあります上記のリストから選択してください。しかし、特定の薬物や民間療法の摂取量を増やすことが有用な場合もあります:

  • 天然サプリメントを含む温かい飲み物。たとえば、カモミールまたはセージで。
  • 生理食塩水で洗います(温かい水のガラスの中に半分の小さじ1杯の食塩を入れ、3時間ごとに操作します)。
  • 水で希釈したソーダ溶液またはレモン汁ですすいでください。
  • 特殊な強化食の形成。果物や野菜のフルーツドリンク、ハチミツのミルク、ガスのないミネラルウォーターなどの製品や料理が含まれています。

追加の対症療法

丸薬を入手するだけでなく、喉の痛みや喉からだけでなく、解熱製品、抗ヒスタミン薬を使用すると、アレルギー反応のリスクを軽減して抗生物質を服用します。したがって、パラセタモールベースの製剤で体温を正常化することが最も簡単です。成人は1日4回以上の丸薬を飲むことができます。定期的なレセプションの期間は5日を超えないようにしてください。 「パラセタモール」は、慢性的なアルコール依存症、肝臓や腎臓の病理での使用には推奨されないという事実を考慮する必要があります。抗ヒスタミン剤製品に関しては、古典的なスプレステリンで十分です。

喉の痛みのための錠剤

完了の代わりに

喉の痛みにはどんな薬がいいですか?もちろん、セラピストは決定しなければならない。これらの分析に基づく専門家だけでなく、患者の状態の全体的な評価は、必要な処方について結論を導き、健康にさらなる害を及ぼすことはない。このような重篤な疾患の治療は複雑な方法で行うべきであり、病気の原因とともに不快な症状を取り除くべきであることを覚えておくことも非常に重要です。