薬「ブロンホス」:使用説明書

健康

bronchobos命令
「Bronhobos」という薬は、薬理学的グループSekretolitiki刺激と呼吸器系の運動機能。この薬剤の使用は、鼻粘膜の粘度の低下および気管支分泌物は、酸性及び中性sialomutsinovの正規化された比であり、膨潤を低減し、改善された息が咳を通過します。また、「Bronhobosは」(ユーザが活性成分の作用を説明する)、システムの呼吸チャネルの繊毛上皮を活性化形成および単離のIgA(免疫グロブリン)を復元し、粘液線毛クリアランスのプロセスを刺激します。我々は、薬物の薬物動態学的特性、その使用後2〜3時間後に観察最大のプラズマパラメータ、および約7〜8時間のいわゆる半減期の話なら。

気管支喘息の使用説明書
薬「ブロンホス」(それは常に含まれています)、主に白い粉で満たされた黄色のカプセルの形態です。それぞれには、トウモロコシデンプ​​ン、コロイド状二酸化ケイ素、ゼラチン、ステアリン酸マグネシウムおよびカルボシステインなどの物質が含まれる。後者の成分は主な有効成分として作用し、この薬剤のおかげで粘液溶解効果が顕著である。

カプセル "Bronhobos"の指示をこのアプリケーションは、分離困難な喀痰の出現を伴う急性および慢性の肺疾患の治療にのみ推奨されています。例えば、セラピストは、気管支炎、気管気管支炎、気管支喘息および気管炎に対するこの治療法を積極的に処方する。中耳の炎症に関連する耳炎の場合は、「Bronhobos」という薬を始めることも勧められます。これらのカプセルは鼻炎にも役立ちます。さらに、予定の適応症のリストには、気管支拡張症および副鼻腔炎が含まれる。

気管支炎の指示カプセル

援助として、これは投薬はしばしば使用され、呼吸器系の経路を検査することを目的とする様々な医療処置の準備中に行われる。例えば、気管支鏡や気管支鏡の前に撮影する必要があります。

薬を使用して "Bronhobos"命令ではない患者が急性型の糸球体腎炎、急性膀胱炎または胃潰瘍を有するかどうかを判定する。また、カルボシスティンやその組成物中に存在する他の物質に対するアレルギー反応が確認された状態でこの医薬品を服用しないでください。とりわけ、この薬剤は、妊娠中の女性(特に最初の3ヶ月)、および15歳未満の子供に処方されることはありません。細心の注意を払って、慢性糸球体腎炎または単純な消化器潰瘍に苦しむ人々にこの治療法を適用する必要があります。