"ストレプトマイシン"剤。使用方法

健康

薬物「ストレプトマイシン」は抗生物質である。 この薬剤は、広範囲の抗菌活性を有する。この薬剤は、結核菌マイコバクテリア、大量のグラム陰性菌(大腸菌、ブルセラ症、野兎病、疫病など)およびグラム陽性(ブドウ球菌)微生物に対して有効です。肺炎連鎖球菌連鎖球菌との関連で、より少ない活性が観察される。この薬剤は、嫌気性菌、ウイルス、リケッチアに耐性がある。

薬物ストレプトマイシン
この薬剤は殺菌効果を有する。 作用機序は、病原体の細胞におけるタンパク質合成を抑制する能力に基づいている。経口で摂取すると薬物の吸収が悪く、筋肉内効果で吸収が良い。摂取後1〜2時間後、薬物はその最大濃度に達する。主に腎臓を通しての排泄。錠剤「ストレプトマイシン」は産生されない。薬物は、筋肉内、海綿内、気管内投与用、エアロゾル用の形態で放出される。

適応症

この薬剤は治療に使用することが推奨されている肺結核。この薬剤はまた、活性物質に感受性のあるグラム陰性のグラム陽性微生物の活性によって誘発される、異なる局在化の炎症性プロセスを治療するためにも適応される。特に、薬物は、薬物と組み合わせて処方される:

  • "レボマイセチン" - クレブシエラによる肺炎;
  • 「テトラサイクリン」 - 野兎病と疫病を伴います。
  • ブルセラ症と心内膜炎を伴う他の抗生物質と一緒に。

投与レジメン

ストレプトマイシン錠
筋肉内には、薬物「ストレプトマイシン」使用説明書には0.5-1gを推奨しますが、1日2gを超えてはならず、50kg未満の体重と60歳以上の体重では1日当たり0.75mgを投与してください。小児の場合、投与量は15-20mg / kgであるが、1日当たり0.5-1g以下である。結核が1回投与される場合。耐性が低い場合には、薬剤を2回に分けて投与する。治療期間は、患者の状態および病状の経過によって決定される。治療は3ヶ月以上持続することができます。非結核性の病変では、総投薬量は3回または4回の注射に分割される。間隔 - 6-8時間治療期間 - 7-10日。

薬 "ストレプトマイシン"。使用説明書:禁忌

病変の薬を処方しないでください前庭および聴覚装置、重度の形態における心臓血管機能不全、腎機能障害。禁忌には、妊娠、脳循環障害、泌乳期、消化器内分泌炎が含まれる。薬剤「ストレプトマイシン」の使用説明書は、重症筋無力症に対する過敏症の処方を推奨していません。ペニシリン系薬剤とセファロスポリンとを1つのシリンジに混合しないでください。

ストレプトマイシン使用説明書
"ストレプトマイシン"剤。使用法:有害反応

治療の背景には、患者は異なるアレルギー性および有毒なネガティブ発現。彼らの中で最も重いものは、いくつかの脳神経の病変を指し、ひいては聴力障害および前庭障害を指す。