"Alflutop"という薬:使用の兆候

健康

薬「アルフルート」は、軟骨組織の代謝を調節する手段 - コンドロプロテクトラム(chondroprotektorom)を意味する。様々な関節病変の治療を含む適応症の適応症 "Alflutop"の高い有効性が知られています。この薬は、損傷した骨の動きの活動を促進し、彼らの行動の範囲を広げる。

使用のためのalflutope表示

"Alflutop"という薬の形態

薬の使用についての表示は十分である広範囲です。この薬剤の有効性は、その豊富な組成に起因する。実際、この薬は小さな海洋魚、プザンカ、アムランガ、アンチョビの黒海の生物学的に活性な混合物です。活性成分は、ケラタン硫酸、ポリペプチド、コンドロイチン硫酸、アミノ酸、ヒアルロン酸、ムコ多糖類を含む。さらに、調製物は、マクロおよびマイクロエレメント、カリウム、ナトリウム、亜鉛、マグネシウム、銅イオンで満たされる。薬物は、注射用溶液の形態で製造される。

"Alflutop"という薬:使用の適応と治療効果

この薬剤は、抗炎症および麻酔の特性。軟骨保護作用は、マトリックスの細胞間の破壊に関与する特定の酵素の活性を低下させることである。

alflutopeの証言
医薬品の体系的使用ヒアルロニダーゼの活性の抑制およびヒアルロン酸の生殖の増強により、滑液の質を改善する。この薬物は、関節の軟骨組織の破壊を可能にせず、再生プロセスを活性化し、栄養状態を増加させる。加えて、「アルフルートップ」による治療は、胃腸系の病理におけるプロスタグランジンの回復、ならびに潰瘍の治療におけるびらん性および潰瘍性欠損の上皮化時間の減少を促進する。この薬剤は、滑液中の反応性タンパク質、白血球、フィブリノーゲン、グロブリンおよびセロムコイドの濃度を低下させる。薬は毛細血管を圧縮し、その透過性を低下させる。

"Alflutop"という薬:使用の兆候

薬物療法は、変性および関節のジストロフィー病変。術後の大小関節の骨関節症、歯周病、線維筋痛、変形性関節症、変形性関節症、脊椎症の治療のために処方されている。

alflutopによる治療

医薬品 "Alflutop":禁忌および副作用

妊娠中の女性には使用しないでください。看護は、過敏症を伴う。この年齢グループの研究は行われていないため、小児および青年に注射をしないでください。使用の初期段階では、血液循環および代謝を改善することにより、関節の痛みの症状を増強することができる。場合によっては、短期間の筋肉痛、かゆみ、皮膚の赤み、アレルギーが起こることがあります。

薬「Alflutop」:応用法とアナログの方法

骨軟骨症および多発性関節症が必要な場合1日1回1mlの用量で筋肉内注射を行う。 20回の注射は、治療の全過程にわたって実施される。 3ヵ月後に治療を繰り返すことをお勧めします。関節損傷の場合、投薬は3-4日の間隔で骨の内部に施される。治療には5回の注射が含まれる。 「Alflutop」という薬の類似体があり、その使用の兆候は類似しています。関節疾患の場合、「Hondrolon」、「Mukosat」、「Structum」などの薬物が使用される場合もあります。